津田沼校

Last-modified: Tue, 24 Sep 2019 16:34:39 JST (21d)
Top > 津田沼校

〒260-0026
千葉県習志野市谷津7-7-6
TEL 0120-49-2418

沿革 Edit

  • (1984年、代々木ゼミナール津田沼校開校。)
  • 2005年、駿台津田沼校開設。
    • 駿台教育振興㈱設置校。
    • 2005年11月1日、津田沼ブロックビル(旧称・The Block、現・Loharu津田沼)の4階に現役専門校舎としてオープン。
  • 2007年、高卒クラス設置。
  • 2016年、駿台予備学校津田沼校開校(専修学校化)。
    • 2016年3月29日、専修学校認可(科別定員:一般課程大学受験400)。
    • 2016年4月1日、代々木ゼミナール津田沼校の跡地で居抜きの状態であった建物を駿台が改装し、移転した。
    • 学校認可(専修学校)としては、千葉校と同時開校。

アクセス Edit

  • JR 津田沼駅から徒歩2分
    新京成線 新津田沼駅から徒歩約5分
    京成本線/千葉線 京成津田沼駅から徒歩約10分

概要 Edit

  • 県千葉、県船、渋幕、市川、東邦大東邦、昭和秀英など千葉のトップ校の生徒が多い。千葉駅以南からの生徒も一定数いる。
  • 現校舎は、旧校舎が入居していたブロックビル(現・Loharu津田沼)に囲まれているが、橋渡しはされていない。
  • コース編成や設置講習を見ると、校舎規模の割に東大文系・一橋大志望者が多いらしい。

長所 Edit

  • 人気・ベテラン講師が出講する。
  • 実力派講師の出講が増えている。
    • 新校舎となってから実力派講師の出講が増えている傾向があるが、学生からの評価が芳しくない講師もいるので注意が必要。
  • 千葉校柏校とは異なり、「スーパー東大・京大・一橋大」ではなく、合同クラス(LA)ではあるものの「スーパー東大文系」「スーパー一橋大」が設置されている。
  • 2016年度には、東大、一橋系の季節講習講座が多数新設された(東大現代文など)。
  • 小規模校舎だからか、職員との距離が近い
    • 教務と事務が同じエリアにあることもあり、対応が円滑である。
    • とは言え、2016年に現校舎に移転してからは、小規模とは言えなくなった。
  • ロケーションがよい。
    • 周辺にBOOK OFF、TSUTAYA など本屋が多数ある。中でも丸善は受験用参考書も含め冊数が桁違いに多い。
    • 総武線快速停車駅。各駅停車であればお茶の水校まで一本で行ける。
    • 駅ロータリーに面していると言っても過言ではなく、他校舎と比較して立地の良さは抜群。
  • 自習室が充実している。
  • エレベーターがきれい。しかも速い。B1-5階までノンストップなら15秒。
    • エレベーターは講師用、生徒用それぞれ1つずつあり、ものすごくきれいである。
  • 自転車登校が可能。
  • 講師室に行きやすい。
    • 実力派講師を独占なんてことも。お茶の水校横浜校などの大規模校舎ではまず出来ないだろう。
  • クラス担任の面倒見が良い(クラスによって差はあるが)。
  • 大きな丸善がすぐ近くにあり、赤本を始め、書籍を買うのに非常に便利。

短所 Edit

  • トイレが不便。
    • おそらく、男子トイレの個室が使用中である割合はトップレベル。
  • (1階を除く)全フロアが暑い
    • お世辞にも冷房の効いた涼しい環境とは言い難い。
    • 実測値で室温30℃近いこともある。(8月某日の地下自習室)
  • 最近は民度が低い
    • 現浪問わず、平気で自習室内で会話している人がいる。うるさい。非常に迷惑なので、心当たりのある方は直ちにやめて頂きたい。
    • 静かな環境で無造作に音を立てるのも非常に迷惑である。周囲の人のことを考えるように。

出講講師 Edit

 コース・クラス別講師陣/2018年度/津田沼校

英語

数学

  • 現役高卒共に人気実力を兼ね備えた講師が出講する。
  • ベテラン講師としては小林隆章師、雲孝夫師、小番潤師、清宮義幸師。
    • 小林師は講習、イベントのみ出講。夏期講習入試数学の盲点A冬期講習入試数学の定石を担当される。また現役生対象のスーパー東大実戦講座も師の担当である。
    • 孝夫師は高3スーパーα数学Ⅲ、高卒クラス共に担当される。プリントを用いた講義は賛否両論あるものの、原理から掘り下げた興味深いもので多くの生徒を魅了する。講習ではスーパー数学総合東大理系数学を担当。
    • 小番師は基礎から丁寧に積み上げていく授業で、特に上位クラスの数学を苦手としている生徒に人気である。講習ではオリジナル講座のオールチェックを担当。
    • 清宮師は本質に踏み込んだ講義はしないが、一定の型に当て嵌めて解きほぐしていく授業を展開。定石も纏めてくれ、数学の得意な生徒には特に良いだろう。しかし講習の担当はほとんど無い。
  • 中堅講師としては石川博也師、戸ヶ崎秀樹師、小松崎和子師、大淵智勝師等。
    • 石川師は良い意味でぶっ飛んだ講義を行う。前期は基礎を掘り下げて一部大学範囲に踏み込んだ大胆な講義を行う。それゆえ一部の生徒は師とのレベルの差に愕然としてしまうようだが、きちんと食らい付いていけば力はつく。講習では東工大数学を担当。
    • 戸ヶ崎師は数学への基本姿勢を示しながら丁寧に授業を行う。孝夫師と似たような授業展開である(テキストの一部の問題をプリントで済ます等)。師は講習で一橋大数学を担当しており、文理両方に対応出来る講師とも言えるだろう。現役フロンティアでは高2スーパーα数学Ⅲを担当しており、高2で戸ヶ崎師の高2スーパーα数学Ⅲ、そして高3で孝夫師の高3スーパーα数学Ⅲを受講すれば数Ⅲ分野に関しては怖いもの無しであろう。
    • 小松崎師は基本事項の確認から発展事項の教授(一歩踏み込んだ類題をプリントで配布する)まであらゆるレベルに対応した講義を行う。類題の添削も行ってくれ、面倒見が良いといえる。
    • 大淵師はまるで久山道彦師のような雑談を随所に挟み大学以後の学問の奥深さを感じさせてくれる。テキストの問題に関連した小話もされる。これは師が浪人時代スーパー京大理系コースで久山師の授業を受けていたことに由来するものだろう(尤も津田沼校に久山師の出講は無いので、大淵師も久山師の名前は出さない)。
  • 若手としては、築舘一英師、宮崎裕茂師が出講する。
  • あまり本質をついた講義をせず一定の型に当てはめて問題を解きほぐす清宮師が数学研究SSを、孝夫師と石川師がそれぞれ専門である整数論(数学XS§4)、複素数平面(数学ZS§3)を担当しており、セクション配当も妥当と言える。

国語

  • 現代文は校長であり人気No.1の異名を持つ霜栄師、熱血で特にセンター指導に定評のある平井隆洋師が担当。岩科琢也師も精選・現代文Sを担当される等、特に上位クラス3号館市谷校舎にひけをとらない講師陣である。
    • 霜師は幅広いレベルを担当されるが、東大コースは3号館津田沼校しか担当がない。質問対応も丁寧であり、是非とも活用して欲しい。
    • 平井師は師が提示する予習→授業→復習のサイクルを身に付ければ、ライバルに相当に差をつけることが出来ると言えるだろう。解答に至るプロセスをしっかり身に付けよう。
    • 岩科師は非常にオーソドックスな講義を展開。スーパー東大文系演習コースをも担当する若手実力派講師で、毎回の授業で安定した収穫が得られる。
  • 古文は松井誠師、杉本康榮師、鳥光宏師等が出講。
    • 松井師は徹底した精読、逐語訳を求める。添削も受け付けており積極的に活用したい。
    • 杉本師はSAの担当としては微妙との声もあるが、雑談は面白く(駄洒落とかで半分以上はスベっているが)きちんとついていけば大丈夫。
    • 鳥光師は市谷校舎古文Ⅱβも担当する実力派講師。
  • 漢文はほぼ石川正人師の独壇場。
    • 厳しいことで有名な師だが、真面目なクラスではクラス中に笑いが溢れているように、理不尽な理由で怒ることはあまりない。安心されたし。

物理

  • 少し前までは小倉正舟師、笠原邦彦師の最強コンビであったが、市谷校舎3号館への出講の影響で小倉師は現役フロンティア高3スーパーα物理のみ担当、笠原師は退職されてしまった。
  • 現在では大宮校でも教鞭を取り、ローカル校舎の中上位層から支持を集める小野仁彦師、札幌校に出講し(というより札幌校がホームなのかもしれない)同じく中上位層に人気のある岡部茂樹師が担当されている。
    • 小野師は小倉師程微積分を多用せず、原理からの理解・良い解き方双方を重視する。頭が混乱せず、物理への理解が深まる。参考書や問題集の質問も受け付けており、活用したいところだ。
    • 岡部師も小野師と似たような授業展開である。最初にプリントを配布するが、授業はプリントとは異なった解法、考え方で講義をすることが多い。両師とも当該ページを参照して欲しい。
    • 二師とも2019年度より開講した物理α「入試問題研究」を担当されており、監修・作成者の小倉師、森下寛之師からも信頼されていることが分かる。
  • また若手として三宅唯師、水谷師も出講。

化学

日本史

世界史

地理

  • センター対策授業は、阿部恵伯師、谷地隆師が担当(理科の選択により担当が異なる)。
  • センター対策授業はライブである。

倫理・政経

  • ※社会分野は特に情報が乏しいので、書き加えお願いします(他教科も)。

設置コース Edit

高卒クラス Edit

理系

文系

現役フロンティア Edit

高1

高2

高3

高3スーパーα東大英語/東大英語演習プラス増田悟
高3スーパーα英語総合土夜阪元利和
高3スーパー英語総合廣田睦美
高3スーパー英語総合叶野敏郎
高3スーパー早慶大英語実戦演習袴田隆一
高3スーパー早慶上智大英語山崎竜成
高3英語総合秋澤秀司
高3英語総合落合浩一
高3スーパーα数学ⅠAⅡB/東大理系数学ⅠAⅡB演習プラス宮崎裕茂/石川博也
高3スーパーα数学Ⅲ/東大理系数学Ⅲ演習プラス雲孝夫
高3スーパーα文系数学/東大文系数学演習プラス宮崎裕茂
高3スーパー数学ⅠAⅡB齋藤大成
高3スーパー数学ⅠAⅡB野﨑優
高3スーパー数学Ⅲ小番潤
高3スーパー数学Ⅲ土昼松田梓
高3スーパー理系数学総合伊藤馨
高3数学ⅠAⅡB樋渡修
高3数学ⅠAⅡB土昼鹿野竜也
高3数学Ⅲ土夜鹿野竜也
高3スーパーα東大現代文(1720~1910)霜栄
高3スーパー現代文(1720~1910)平井隆洋
高3スーパー古典(古文・漢文)福田忍/井澤聖子
高3スーパー古文井澤聖子
高3スーパー早大国語阪本総雄/西原剛/寺師貴憲
高3国語総合(現代文・古文)阪本総雄/平井隆洋
高3現代文(1950~2110)平井隆洋
高3古文(1820~1940)阪本総雄
高3医系論文近堂秀
高3人文社会総合論文松井賢太郎
高3スーパーα物理/東大・難関大物理演習プラス(1720~2110)小倉正舟
高3スーパーα化学/東大・難関大化学演習プラス高野辺康介
高3スーパー物理水谷丈洋
高3スーパー化学小原英樹
高3スーパー化学酒井俊明
高3スーパー生物土昼山下翠
高3化学土昼神林宏征
高3スーパー日本史白木宏明
高3スーパー世界史松山仁史
  • 基本的に映像授業は掲載していない。
  • 高1/高2は2019年度からスーパーα英語にて東大英語演習がプラスされる。これは駿台とZ会が手を組んだことにより実施されるもので、Z会『東大総合演習』に毎月取り組み、Z会が答案を添削するものである。
  • 高3スーパー早大国語の漢文は映像である。各自視聴となる。
  • 時間が何も書いていないものは1820~2110。但し土昼は1430~1730。
  • 学習相談は進路アドバイザーかクラスリーダーへ。クラスリーダーは年齢が近いこともあって話しかけやすいかも。
  • 教材・環境を最大限活用し、合格を勝ち取ろう。第一志望は、ゆずれない。

設備 Edit

地下に教室があるのは全国の駿台でもここだけである。

5F特指自習室オンデマンドフロホ
4F401402
3F301302
2F201202203204205
1F各種受付講師室
B1B01B02専用自習室専用自習室

フロンティアホール Edit

  • 5階に設置されている。
  • 明るいパステルカラーの色彩に彩られている。
  • 丸テーブルは揺れやすい。
  • 他校に比べてだいぶ大きい。三号館より収容人数はほぼ確実に多い。
  • 稀に某河Y塾津田沼校の生徒がフロホにいることもあるが、それはお互い様である。某河Y塾が終日閉館だった大晦日には多くの生徒がフロホに来ており、普段は中に入ってくることのない警備員が中に入ってくるほど見回りが厳しかった。
  • しばしば合コンが開かれているが、3号館などと比べればまだ民度は高い方だと思われる。
  • 窓際、壁際を中心に高卒生が勉強していることが多い。
  • 昼夜飯時以外はとても静かなので自習に向いている。
  • 年間を通して自習室を使わずにフロホを自習場所にする生徒も若干名いる。
  • 携帯充電など電源の無断使用が見られたため、使用禁止の張り紙が掲出されコンセントが塞がれた。過去にはわざわざ自宅から卓上ライトを持参してくるツワモノもいたようだ。
  • 4月7日に鳥がぶつかり窓ガラスにヒビが入った為、窓側の一部が使用不可となっている。
    • 2019年7月2日、足場が設置されガラスの交換・修理が行われた。
    • 津田沼駅前は夕方から夜にかけてムクドリが群れをなして騒いでいる事が多い。

自習室 Edit

  • 座席指定制。(専用自習室①、専用自習室②、203号、Loharu内全室)
    基本的に奇数番→偶数番の順で指定されるので、混雑していなければ両隣は空席である。
  • 自習室は本校舎のみならず、Loharu内にも残っており、かなりの席数がある。
  • 入口付近での話し声が自習室内まで響いてくることがある。友達への質問・相談やお喋りはフロホへ!

専用自習室 Edit

専用自習室①:92席(101~192)
専用自習室②:75席(201~275)

  • 2016年春使用開始と比較的新しく、手入れが行き届いているため綺麗である。
  • 地下1階にある。(自習室が地下階に存在するのは、津田沼校自由が丘校だけである。)
  • 18時頃までは①の座席の半数近くが現役生専用となっている。
    そのため、①では下敷きを引かずに机に書く音が響いてうるさいマナーの悪い現役生(最近は浪人にも見受けられる)がかなり多いため空いているならば②に行くことオススメしたい。
  • 見回りは季節講習期間のみ厳しく、職員が見回ったタイミングで「警告の黄色紙」が置かれる。
  • しかし、荷物が撤去されることはほぼない。警告紙が置かれた後、次の見回りがほぼやってこないからである。
  • 大型の空気清浄機が設置されていて、清掃員の方がこまめにチェックしてくれている。
     
  • ①の右側の扉が閉まりにくく、少し開いてることがよくある。

開放自習室 Edit

203号教室:72席(301~372)

  • 通常教室のような机2つがくっつけられた配置ではなく、1つずつ独立して配置されている。全席指定制。比較的真面目な生徒が多い模様(既卒生はその通りでない)。
  • 講習期間中は203号以外にも自由席の教室型自習室が開放されることもある。(B02号など)
  • 2018年度から他校舎ホーム生の開放自習室の利用が禁止になった。と言っても自由席の方は生徒証の確認とかほとんどないからまずバレない
     

音読用自習室 Edit

205号教室

  • そもそも音読してない人達もいる。後から入った人が初めづらいのでやめよう。
  • 講習期間の音読用自習室の設定はランダムであり、ランチルームに化けることも多々ある。
     

Loharu4階 Edit

専用自習室A:68席(501-568)
専用自習室B:26席(601-626)
開放自習室:69席(401-469)

  • 2016年7月に改装されリニューアルオープンした。駿台個別教育センターに隣接。
  • 下階にはダイソー、丸善、食品売り場があるので、文房具や参考書、赤本青本などを買いに行ったり、食料調達するのに非常に便利。
    • ダイソーのコピー機は1枚5円なので校舎内でコピーするより安い。
  • Loharu4階は病院フロアでもあるので、冬期直前にはインフルエンザなどに用心する必要がある。
  • 本校舎の警備員が巡回している。
  • 専用自習室Aの上階が駐車場なので、車が段差を越える音がして少々うるさい。

止まり木コーナー(廊下型自習席) Edit

  • 廊下での自習スペース。1階以外の各階に設置。自由席、私語禁止、飲食可、他校舎ホーム生利用可。
  • 「人から見られている方が勉強しやすい」「少し物音のする本番に近い環境で勉強したい」などといった声が上がったために設けたそうだ。千葉校が発祥。
  • 前述した私語禁止ということもあり、意外と静かで集中できる。
    • ただし授業間の休み時間は少しざわつく。また、千葉校よりも止まり木で喋る人が多く、こういったマナー違反が目立ったため地下の一部は撤去された。
  • 一人席が一定の間隔をあけて置かれている感じなので、一人二席使う人はいない。そのため、席が全部埋まることはほとんどない。
  • 他校舎ホーム生でも使用できるので、普段は他校舎(お茶の水校市谷校舎など)に通っている千葉在住の生徒が、直前期間に自宅から近い津田沼校の止まり木で自習をする、といったことはよくある。

イベント Edit

秋の特別授業【現代文】〜センター試験Edit

  • 高校3年を対象に行われる無料講座
  • 担当は平井隆洋
  • 50分×2コマ

ーー

Amazon