スーパー東大文系

Last-modified: Fri, 21 Aug 2020 11:21:53 JST (69d)
Top > スーパー東大文系

設置校 Edit

お茶の水校3号館)、池袋校立川校
大宮校
横浜校
津田沼校
仙台校

目標大学 Edit

 東京大学

概要 Edit

  • 駿台の伝統ある「午前部文1コース」の系譜を受け継ぐコース。
  • 名前の通り東京大学を志望するコースである。

特徴 Edit

  • 例年、東大志望でなくとも、東大コースが一番上のコース(演習を除いて)なので、他大学を志望してる人も現役の模試の結果でこのコースの認定が出ていると、このコースに行く人もいる。(講師の質がやはりいいから)
  • 実戦的な演習は少ない。
    • 論述を中心にしたい人はスーパー東大文系演習コースにするといい(ただし、東大模試でB判定がとれない人はついていけない)。
  • このコースに入ったから東大に入れるわけではない(特にローカル校舎)。
    • 勘違いをして、勉強をしないでフロンティアホールでずっと話している人の中に、このコースの人は結構いる。

授業(教材) Edit

 日本史世界史地理のうち2教科選択する。以下は全て2コマの授業である。よって1教科あたり4コマの授業を受けることになる。

プラスカリキュラム Edit

 かつては、西日本地区同様「集中コース」があった(お茶の水校横浜校)。
下記のように名称は変遷しているが、実質的な違いはない。

 東大集中パワーアップセミナー(2008〜2017年度)。
 コースオプション 実戦演習プラス(2018~2019年度)。
 プラスカリキュラム 実戦演習プラス(2020年度)。

集中コース Edit

  • スーパー東大文系集中コースというのもあるあった(2008〜2017年度)。
  • これは東大に合格するための補習授業のようなもので、数学、地歴、英語国語を徹底的に演習するものである。模試が無い週の土曜日の午前中に演習は行われる。性質としてスーパー文系に演習コースのような実戦トレーニングを組んだものである。
    しかし土曜に行うため自分の勉強時間が削られる。その上、駿台生は模試を受けるのは必須なのでさらに自習時間が減る。やりこなせる自信があるなら集中コースでもいいかもしれない。演習コースに行く自信はないが、実戦練習もしたい受験生に最適だろう。

実戦演習プラスコース Edit

 通常のスーパー東大文系に土曜日の東大実戦テスト演習が付属したコース。
 東大に特化して記述・論述力を養成する演習を強化する。

 実施科目:英語 数学 国語(現代文古文漢文) 日本史 世界史 地理
 設置校舎:お茶の水校 横浜校

  • 内容はスーパー東大文系演習と共通。
    • 無印と演習の間に位置するコースで、講義も受けたいがある程度演習もこなしたい人におススメ。
    • 横浜校では、わざわざお茶の水校まで行きたくない実力者が受講している。

サポート演習プラス Edit

 東大に特化して土台構築と補完する演習を強化する。

 実施科目:英語 数学 国語(現代文古文漢文)
 設置校舎:お茶の水校 大宮校 横浜校 津田沼校

  • スーパー東大文系コース[サポート演習プラス]に所属すると実施される、土曜日の特別授業。
  • 2019年度から名称が変更された。2018年度は単なる「サポートプラス」であった。
  • これは東大に合格するための補習授業のようなもので、英語数学国語を徹底的に演習するものである。
    • しかし土曜に行うため自分の勉強時間が削られる。その上、駿台生は模試を受けるのは必須なのでさらに自習時間が減る。そのためあまりお勧めはできない。やりこなせる自信があるなら集中コースでもいいかもしれない。苦手科目だけ出るのも一つの手だと思われる。
    • 苦手な科目が限られているなら[サポート演習プラス]コースではなく、オンデマンドサテネットのほうが時間の調節もきくのでよいかも。

共通テスト対策強化 Edit

個別指導プラス Edit

沿革 Edit

ーー

Amazon