仙台校

Last-modified: Thu, 10 Jan 2019 23:23:20 JST (8d)

〒983-0852

住所:宮城県仙台市宮城野区榴岡1-5-11

電話:0120-51-2418

仙台校 Edit

  • 1989年、特別会場にて冬期講習開講。
  • 1993年、駿台仙台校開設。
  • 1996年、駿台予備学校仙台校開校(各種学校)。
    • 開設以前から、1992年までは講習会のみ行われていた。
      小林隆章師はその講習会でも教えていた。
    • 元々、仙台には地元の大きな予備校(東北文理・文理予備校)があったが、1980年代に代ゼミが進出して成功したことを受け、その次に先述の地元予備校と提携する形で河合塾が仙台に進出し、最後に駿台が満を持して開校した。

アクセス Edit

  • JR仙台駅すぐ近くの好立地。
    • JR仙台駅東口の目の前にあり、新幹線のホームから校舎を見ることができる。また逆に、校舎3階以上のエレベーターホールからも新幹線のホームを見ることができる。

概要 Edit

  • 東京から出講している講師は評判の良い講師が多かった。
    仙台校のみに出講するローカル講師については評判が芳しくない講師も少なくない。
  • 逆に寺師貴憲師は仙台から首都圏に出講している。加藤平八郎師が大宮校高村正樹師がお茶の水2号館の出講していたことも。
  • かつて出講していた講師としては、増田悟師(2015年度まで)、竹井幸典師、武富直人師、須長淳一師、亀田隆師、桂祐一郎師、細川豊溝口真己師、二戸宏羲師、今井愛子師などがいる。
    • 季節講習でも、英語科を中心とするローカル講師は高1、高2クラスか高3・高卒下位講座ばかりを担当している。
      • 数学科は東北大理系数学をローカルで持っており、また、小林隆章師が出講しているので、相当良い。季節講習も盲点ABや、定石などの関東でも締め切りが出る人気講座が多い。(ただし、古田兵治師は好き嫌いがハッキリ分かれるので注意)
      • 化学科は、関東でも人気で、女子生徒からの人気が絶大な黒澤師、医系化学東北大化学のテキスト編纂を担当しており、医系や東北大に精通している小原師、癖が無く隠れ名講師と呼ばれ、東北大の青本も担当している小山師が出講しているのでかなり良い。
      • 物理科は、2017年まで出講していた小倉正舟師が出講しなくなったので、小倉師の高3S物理を受けていた生徒からは不安の声も一時期上がったが、後任の星研二師も、字は読みにくいが、かなりの良講師なのでそこまで心配する必要は無いだろう。
  • SXやSAの最上位層は3号館SAと同等くらいのレベルらしい。しかし、下のクラスは………
    • 判定模試の物理の平均点に某講師は苦言を呈していた。
  • 当たり前だが、東北大志望者が多い。医学部が4割、理系が5割、文系が1割といったところか。特に、理系は工学部志望が多い。
  • クラス担任の差が激しい。理系上位クラスなら大丈夫。
    • 小テストの有無。フットワークの軽さ。など
    • 2017年度より一部の文系クラスで変更があった。
  • 駿台側は時に経営・運営優先な態度に出ることもある。
    • 受験直前期である2/3〜2/26まで空調設備という理由で自習室を使用禁止にするなど、とても受験生思いとは思えない校舎運営の姿勢も見られた。新たな自習室を設置したが座席数が従来の3分の1ほどしかなく常に飽和状態となっていた。多くの受験生がこれに不満の意を露わにしたのだが、新たな改善案が生徒側に提示されることもなかった。
    • ただし一時的に設置された自習室は従来に比べ天井が高かったため、教室環境自体は良いものであった。
    • 今年度から、ほとんどの教室でブラインドが開けられ、明るい雰囲気になった。8階の教室からは青空が見え、特に東京から出講してくる講師たちが喜んでいる。しかし、時間帯によっては直射日光が目に入り痛くなる事もある。(筆者談)
  • 教職員用のエレベーターは、数字の横の↑↓が両方点灯するときがある。上下どちらに行くか見ものである。
  • 絶対エレベーターを使わない主な階段派の講師は、寺師貴憲師、嶋谷洋師、小林隆章師、田部圭史郎師である。
  • 職員には、女子力が高そうな素敵な女性が多い。受付の綺麗な女性目当てに登校する強者もいる。
  • 53号室をはじめ、一部の教室のスピーカーは、校舎の裏に建っている某宗教団体(幸福の科学)が使用しているマイクと周波数が合っているらしい。
  • マイクの電波が強力で、近くのコンビニからでも教室内に声が届く。岡井師のページを参照。

長所 Edit

  • 交通アクセスがよい。
  • 優秀な学生が東北6県から集まるため、上位層はレベルが非常に高い。
  • 学生ホールが比較的治安がよい。
    • DQNやバカップルが少ない。
  • 周りにコンビニが多い。

短所 Edit

  • 仙台ローカル講師の質が微妙。
    • 一方で、首都圏に出講するほどの優秀な講師もいる。
  • クラス担任の差が激しい。

設置コース Edit

高卒クラス Edit

EXコース

理系

医系

文系

現役フロンティア Edit

高校3年

高3スーパーα Edit

高3スーパー Edit

高3東北大 Edit

高3ハイレベル Edit

高3BS Edit

  • BS英語
  • BS数学ⅠAⅡB
  • BS国語

高校2年

高2スーパー Edit

高2ハイレベル Edit

高2BS Edit

  • BS英語
  • BS数学ⅡB
  • BS国語(現代文・古文)

高校1年

高1スーパー Edit

高1ハイレベル Edit

  • ハイレベル英語
  • ハイレベル数学ⅠA(150分)
  • ハイレベル数学ⅠA(100分)
  • ハイレベル数学ⅠAⅡB
  • ハイレベル国語(現代文・古文)(加藤平八郎師、武田明子師)

高1BS Edit

  • BS英語
  • BS数学ⅠA
  • BS国語(現代文・古文)

設備 Edit

学生ホール Edit

  • 関東などの校舎ではフロンティアホール(フロホ)と呼ばれる設備であるが、仙台校では何故か学生ホールという名称になっている。
  • 通常の飲料用に加え、菓子類やアイスの自販機があり、のべ7台設置されている。
    • 菓子用自販機で売ってるお菓子は総じてまずい。夏にOLEOを買うと溶けているので注意。
  • 1人席は生徒の要望を受けて作られたものの、2016年5月中頃に模様替えされカラフルな見た目となると共に消えた。
    • それに怒った生徒の仕業か、色を揃えたテーブルが現れたが、元に戻された。
  • お茶の水校の3〜4倍の広さがある。
  • お茶の水校市谷校舎に比べて治安はよい。
    • とは言うものの、一日中イチャついてるバカップルや、馬鹿でかい声で騒いでる連中もちらほら。
      日によってうるささがかなり変わる。

自習室 Edit

  • すべて指定席制だが、たまに自由席になる教室もある。

ブース型自習室 Edit

  • 3階31号室

開放型自習室 Edit

講師室 Edit

TAルーム Edit

  • 二階TAルーム前にある予約台帳に校内番号を記入し予約する。
  • 講師によってTAルームか講師室を利用するかが異なる。
  • 生徒の学習状況に応じて、年に1回、クラス担任に事前予約してもらうことができる。
  • 前期試験の直前1ケ月ほどは変則的に組まれるが、現代文科の加藤平八郎師などの限られた講師は人気となり、開門に間に合っても予約が取れないことがある。

英語 Edit

数学 Edit

現代文 Edit

古文 Edit

漢文 Edit

物理 Edit

化学 Edit

生物 Edit

周辺情報 Edit

ヨドバシカメラ始め様々な施設がある。
またデイリーヤマザキ、セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、ミニストップ全てが揃っているため食などには一切困らない。
仙台駅の中のとある店に行くと加藤平八郎師に会えるかもしれない。会えたら、加藤師の様にテレパシーが使えるようになるかもしれない。
また仙台駅の横という事でちょっとした息抜きにも素晴らしい立地。ただ東口という事で本屋など西口にしかないものを買いに行くときは多少めんどくさいが賑わっているため息抜きにちょうどいい距離ではある。

ーー

Amazon