古田兵治

Last-modified: Thu, 24 Jan 2019 02:10:12 JST (20h)

古田兵治(ふるた ひょうじ)は、駿台予備学校数学科講師。仙台校に出講。

経歴 Edit

  • 東京大学卒業。

授業 Edit

  • 講義は非常にゆるく、好き嫌いがハッキリ分かれる。
  • 授業のスタイルは問題の記述解答を書いていき、横の空いている部分に注意点やポイント等を書いていくやり方である。
    • 2014年の仙台校SBクラスでは講師を替える、あるいは他講師による解説配布を求める署名が行われた。
  • スロースターターであり、1,2限は進度が遅い。3限以降はキチンと進む。
    • こころなしか、体格と授業進行が若干レジ○ガスに似ている…ズッ…ズッ…
      • すなわち、本気を出すととてつもなく強くなる。
  • とは言っても数学の力はかなりのものがあるらしく、同僚の高村正樹師は古田師が解けない問題は誰も解けないとおっしゃっていた。
    • 東日本全体で考えると森茂樹師に解けない問題は誰も解けない、であるかもしれない。
    • ちなみに東北大理系数学解答速報で解答が割れた際の最後の砦である。
    • 論証が大変な問題や純粋に難しい問題は大方任されるのだとか。その時にキレたことがあるらしい。なお、他の講師はやりたくなくてサボっていたらしい。
  • 頭の回転と喋りが追いついてないときがある。
  • ❇︎(アスタリスク)をスターと読む。

担当授業 Edit

通期 Edit

春期講習 Edit

夏期講習 Edit

冬期講習 Edit

直前講習 Edit

直前Ⅰ期
直前II期

人物 Edit

  • Linuxを使用している。
  • インドア派である。
  • 質問対応は丁寧。
  • 「えーっと」「だから」「まあいっか」は師の口癖なので聞いても不安になりすぎないほうが良い。
    • 「えっーと、あの、んー、だから、んー、、、まいっか」
  • 師の物真似を極めている者がクラスに複数いる。上のクラスに行けば行くほど増える。特にSXやSAでは二桁ずついる。
    • 声を真似るのは当たり前だが、たまに見せる護ってあげたくなるような笑顔をどこに入れ込むかが最大のポイントである。
  • 板書しながら頻繁に振り返る。
  • イントネーションが独特である。
  • 東北大の数学の問題予想的中率が高い。
  • 2018年実施の東北大実戦模試第6問(積分)の作成を担当。

語録 Edit

演習テストの解説になると途端に毒を吐くようになる。

  • 「これは基礎ですよ(正答者0人の問題に対して)」
  • 「前期にやりませんでしたかねぇ?やったと思うんですけど」
  • 「軌跡の問題で普通軌跡の限界考えますよね。誰も考えていなかったんですけど」
  • 「これできない人は受験生としてどうかと思います」
  • 「この問題XHにも載っているんですけどみなさんどうでした?解けましたか?」
  • 「これができない人は大丈夫なんですかね?基礎ですよ」
  • 「この問題の解き方は前期に言いませんでしたかね?言った気がするんですけど」
  • 「基本の確認のつもりで出したんですけどね、意外と出来が悪かったです」
  • 「この問題が12月になってもできなかったら大問題です」
  • 「私は見た瞬間に思いついたんですけど、みなさんはどうですか?思いつきましたかね?」
  • 「えーっと、んー、だからっ、んー、えー、んー、だから⤴️、、、まいっか」早稲田の2018の図形が絡む確率の問題にて。説明が比較的大変な空間図形になると「だから」をいう回数が増える。

ーー

Amazon