ハイレベル国公立大医系

Last-modified: Fri, 09 Aug 2019 01:08:26 JST (13d)
Top > ハイレベル国公立大医系

設置校 Edit

 高卒生受け入れ全校舎

コースオプション Edit

[センター強化]コース全校舎
[基礎強化]コース全校舎(市谷校舎含まず)
基礎+センター強化]コース
[筑波大 演習プラス]コース柏校
[千葉大 演習プラス]コース千葉校
[東京医科歯科大 演習プラス]コースお茶の水校
[横浜市大 演習プラス]コース横浜校

※[東京医科歯科大 演習プラス]コースは、2019年度に8号館から市谷校舎に移設されて、ハイレベルコースでは選択できない模様。

目標大学 Edit

 全国の国公立大学医学部医学科

概要 Edit

特徴 Edit

  • スーパーコースが使うS教材はテキスト自体が最難関大のレベルなので、基礎からやり直したい・難関大学は狙っていない、という場合オーバーワークであったり、付いていけない可能性がある(逆に言えば、スーパーコースに入って食らいついていければどこかしらの医学部には確実に受かる力は付く)。
    • その点、H教材を使うこのコースでは入試標準レベルから着実に力をつけることができる。
      …はずなのだが、医学部を受験するのなら、H教材は簡単すぎる上、予備校の性質上スーパーコースに比べて講師配当が良くない
  • 上記の理由で、例年、スーパー国公立大医系に入れるのにあえてハイレベル国公立大医系に入る学生もいる。
    • 特に市谷校舎SPの上位層はSD~SFより学力的に高いこともある。
  • 校舎にもよるが学力が低いところはとことん低く、さらに比例してあまりにも民度が低い奴も中にはいることもある。
    • 医学部に入って医療に貢献したい意思より、なんとなく医学部に入って学歴マウント取りたい意思なのだろうか…
    • 編集者の校舎ではセンター試験後の面談で金髪の生徒が「俺〜◯◯大学の医学部受けたいんすけど足切り点に届かないから~◯◯大学医学部にしま〜す。」とか言っていたが教務に「いや、まず医学部云々の前に君はセンター450点で国公立受けるつもりなのか」と真顔で言われていた(その人は授業切る。携帯鳴らすなど散々なウェイ系だった。ザマアミロ)
    • だが逆にしっかりと基礎を固めてスーパーコースにも負けないぐらいの大学に行ってる人もいた。
    • 結局は努力次第である。
      • が、「あえて」ではなく「ガチでスーパー落ち」の人はよほどの下克上が必要であるのは言うまでもない。

授業(教材) Edit

英語 Edit

数学 Edit

理科 Edit

国語 Edit

地歴公民 Edit

(大学別)医学部パワーアップセミナー Edit

  • [大学別演習]プラスコースで行う。
    • 筑波大・千葉大は物理・化学・生物から2科目。各教科行う。
    • 東京医科歯科大、横浜市大は化学を行う。
  • 土曜の特別授業

医学部パワーアップ英語 Edit

  • 志望大学の傾向に沿って類題演習を行う。
  • 長文読解、記述対策が主。

医学部パワーアップ数学 Edit

  • 基本的は演習→講義という流れ。

医学部パワーアップ理科 Edit

  • 各大学の傾向に沿って頻出分野に焦点を当てる。

沿革 Edit

  • 午前部理3 - 1982?年度
  • 午前部理3β(国公立大医・歯・薬・理工目標コース) 1983? - 1990年度
  • 午前部理3(国公立大医・歯・薬・理工目標コース) - 1990年度

ーー

Amazon




*1 駿台の1年 | ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院」より
*2 四谷校閉校に伴い2008年度設置?
*3 2007年度にいったん、廃止
*4 1998年度設置