数学XB

Last-modified: Sun, 24 Oct 2021 10:04:19 JST (1d)
Top > 数学XB

使用コース Edit

 スーパー東工大スーパー東北大理系スーパー国公立大理系スーパー早慶大理系

監修講師(テキスト作成者) Edit

  • 楠本正、倉沢一郎、杉野光、引野貴之

構成 Edit

前期

  • §1 不等式、三角関数、図形と方程式、指数・対数、有理数・無理数
  • §2 整式、2次方程式、場合の数、確率
  • §3 ベクトル、2次関数、最大・最小、不等式、方程式
  • §4 数列、微分積分、整数
  • Appendix
    (Ⅰ)重複組合せ (Ⅱ)n次方程式の解 (Ⅲ)三角関数 (Ⅳ)指数・対数 (Ⅴ)3次関数・4次関数のグラフ (Ⅵ)放物線と面積 (Ⅶ)メネラウスの定理、チェバの定理 (Ⅷ)空間における直線と平面 (Ⅸ)座標空間内の直線・平面の方程式 (Ⅹ)オイラーの多面体定理 (Ⅺ)合同式 (Ⅻ)位取り記数方 (XIII)データの分析
  • 授業用問題の解答

後期

  • §1 三角関数、図形と方程式、図形総合、指数・対数
  • §2 場合の数、確率、整式、方程式
  • §3 ベクトル、最大・最小、不等式
  • §4 数列、微分積分、整数
  • 前期数学XBテキスト参照箇所一覧
  • 解答
  • S教材とはセクション構成が一部異なっている。

特徴 Edit

  • 関西教材。
  • 2021年度より東日本地区でも使用。
  • レベルは『数学ZB』とほぼ同一。
  • 目標レベルは阪大(非医)、神戸大、名大、北大、九大などである。
  • 問題のレベルは前期は教科書~『青チャート』や『フォーカスゴールド』などの例題レベル、後期は下位~中位国公立レベルの問題が中心である。
  • 少数しか解けない難問を取りにいくよりは、半数くらいが解ける標準問題を解けるようにしようというのが目標。
  • それ故、数学がやや苦手な人にとっては『数学XS』よりも使い勝手が良いかもしれない。
  • 前期は要項や例題が充実しているので、苦手な人はそこを読み込み何度も復習しよう。
  • 関西の講師曰く、「前期のテキスト(特に§3)はよくできている。」
  • ある関西の講師曰く「IAIIBの全ての範囲を網羅している割にはよくできている。」らしく、関西の講師間の評価は高いそうだ。
  • 某講師曰く「このテキストを貰う人の大半とXSテキストを貰ってる人の半分くらいは、前期XBレベルですら抜けがある。このレベルに抜けがあるようでは合否以前の話なので、まず前期はこのテキストを完璧にして欲しい。難しい問題は夏や秋に講習や問題集でいくらでも補完が効くが、このレベルのことは今でないとできない。」だそう。
  • 関西の講師曰く「基礎の定着を目的にしているので、前期テキストの講義用問題は実際の入試問題ではない。」らしい。
  • ところが清宮義幸師は「調べるの大変だったぁ」と数問に一回言いながら出典をおっしゃる。おかしな話である。なお、清宮師の話し方的に改題等もほとんど行ってなさそうである。「○○大は□問で▽分なのでこの問題の目安はおよそ△分ですが...」
    • 清宮師「駿台のテキストの問題はすべて大学入試の過去問です。」
    • ちなみに前期§1はやたら東京理科大の問題が多いようである。
  • また、「講義用問題は当然として、例題は流し読みするだけではなく、答えを隠してしっかりとやり込んで欲しい。」とのこと。(関西の講師談)
  • 後期は前期のテキストとは異なり問題のみの薄めのテキストになる。
  • §1は軌跡と領域や三角関数、図形など受験生があまり得意としない分野で他のセクションに比べてやや難しく感じる人もまあまあいる。そのためか人気講師が担当することが多い。
  • また、後期テキストの最後の方には、「前期『数学XB』テキスト参考箇所一覧」という、後期の問題が前期のどの問題と対応しているかの表があり、前期も『数学XB』を使用していた人にとってはとても復習がしやすいようになっている。
  • 実際、2020年度まで使用されていた数学XNよりはレベルが下がっている。
    • 元々このテキストが配当されるクラスにはこのレベルが適正ということかもしれないが…
  • B教材を使うクラスに回されても謙虚に自分の実力と向き合い、このテキストの予習・復習をすることが必要である。

ーー

Amazon