北田真吾

Last-modified: Fri, 25 Nov 2022 00:04:36 JST (2d)
Top > 北田真吾

北田真吾(きただ しんご)は、駿台予備学校化学科講師。明和塾講師。仙台校に出講。

経歴 Edit

  • 1991年生まれ、茨城県土浦市出身。
  • 2010年、土浦第一高等学校卒業。
  • 2015年、東北大学理学部化学科卒業。
  • 東北大学大学院理学研究科化学専攻修士課程中退。
  • 2017年、駿台予備学校講師。

授業 Edit

  • オーソドックスでわかりやすい授業を展開する。
  • 基本的に板書主体の授業を展開するが、結晶格子などの解説の際はプリントを使って授業をする。
  • 有機化学では電子論も交えて解説なさる。
  • iPadを持参して授業をする。手帳型のケースをしており、1時間の中で何度もケースのスタンドでiPadを立てたりスタンドを使わずに教卓に平置きしたりする。
  • 黒板にタイトルや演習と書く際に最初に動画の再生ボタンのようなマークを書く。
  • 雑談も多少する。
  • 2022年度からは小原英樹師が高齢のため高3の通期授業を小原師に代わり担当することになった。

担当授業 Edit

通期

直前Ⅰ期
直前Ⅱ期

人物 Edit

  • いわゆる仙台ローカル講師。
  • 2018年度センター試験プレテスト第3問を作成。
  • 質問対応が素晴らしい。化学が苦手な人でも質問に行きやすい。
  • なんか可愛いし、すごく優しい。
  • 喋り終えると「うん。」とおっしゃる。
  • 合唱が趣味らしい。
    • そのためか授業中の声は大きめである。
  • まだ若いので担当講座はそれほど多くはないが、オーソドックスでわかりやすい授業を展開する。
  • Twitterをされている@shikitada
    • 師曰く公に発信するツールが欲しかったので始めたらしい。
  • 友人に宇宙検定を一緒に受験しようと誘われ師が申し込みを済ませた後、締め切り後に友人が申し込みを忘れていたことが発覚し、1人で受験することになったらしい。
    • 宇宙検定が近くなると、授業で万有引力の話をされていた。
  • 河合塾にて一年間浪人。
  • 授業内で、浪人中南アフリカワールドカップが行われていたと発言していたことから、1991年生まれの現在31歳であることが明らかで、隠すことでもないとおっしゃっていた。
    • 8限目の際、駿台の授業が長いとおっしゃっていた。
      • 「河合にいた時この時間には授業もう終わってましたよ。」
  • 駿台の採用試験を受けた際の面接を担当したのは、当時仙台校に出講していた黒澤孝朋師だったらしい。
  • 日常生活で理系知識を使うと周りから引かれて友達がいなくなるので注意するように、ということを度々おっしゃる。
    • ポリエチレンテレフタラートの式量が192であるからという理由で192円で売られていたペットボトル飲料を買って教室に持ってきて、上記のような発言をしていた。

語録 Edit

  • ああすんなり(両性金属のZn、 Al、Sn、Pb)
  • ドクロ1つ( Cu、 Crは最外殻電子1個)
  • おっしゃるて(O、Si、 Al、Fe)
  • 硫ちゃんはバカなやつ(硫酸で沈澱するBa、 Ca、Pb)
  • 演歌ギンギンなマリ(塩化物イオンで沈澱するAg、Pb)
  • 苦労して銀歯になる(クロム酸イオンで沈澱するAg、Ba、Pb)
  • 体に六発面は無し(充填率体心68%、面心74%)
  • Q=It(キューイコールイット)(流れた電気量=電流値×時間)
  • 虎に踏まれて稀に死す(トランスはフマル酸、マレイン酸はシス)
  • ちぃさん(CHI3)は端に寄る(ヨードホルム反応)
  • あてに(不動態のAl、Fe、Ni)
  • マルタアルアル(マルトースはαグルコース2個)
  • セビロベタベタ(セロビオースはβグルコース2個)

ーー

Amazon