谷周樹

Last-modified: Thu, 03 May 2018 09:57:09 JST (230d)

谷周樹(たに ひろき)は、駿台予備学校数学科講師。札幌校,仙台校に出講。

経歴 Edit

授業 Edit

  • 仙台校ではTAを担当していたり、質問対応が丁寧であることもあってか小林隆章師に次ぐ人気講師である。
  • 授業は全分野わかりやすいが、特にオリジナル講座も持っている図形分野や自作のプリントを使用する確率分野は一級品。
  • 解く上でのテクニックを教えるともに、本番考えすぎる(師曰く「急に頭良くなる」)ことでミスが起きないよう本質的内容についても十分説明する。
  • 前列で目があった生徒を指すことがある。
  • 板書量は少なく、字は汚い。復習のためのメモ推奨。
  • 通期授業は、単元によっては応用問題を載せたプリントを配布し取り扱う。
  • 生徒が思いつかなさそうな解法の説明の際「認めますか?」とよく言う。
  • 割と早口なため、取り残されてしまわぬよう注意。
  • 「〜になるんだろうさ。」というのが口癖であり、言わない授業はほとんどない。

担当授業 Edit

通期

直前I期
直前II期

人物 Edit

  • 非常に大きな家に住んでいるようで、一度訪れた宇野仙師からは「札幌のビル・ゲイツ」と呼ばれている。
  • 代ゼミ時代は代々木本部校にも出講し、サテライン講座なども担当していた。
  • 現役クラスでは休憩時間に講師室に戻らず、そのまま教室に待機し二コマ目にはいることもある。
  • 様々なグラフ(レムニスケートやアステロイド等)を書くことができるスマホアプリを知人のもと師が監修というかたちで作り、またそれを授業中に使用することもある。
  • 炭酸水を好んでおり、講師室でよく飲んでらっしゃる。
  • 札幌校にて極方程式の授業の際
    「理系女子のみなさん、顔文字とかにハート使うんだろうさ。だから私言いたいのはこのハート顔文字じゃなくて極方程式方程式できてって言いたいです。でもみんなr=1+cosθで使うっていうのは私待ったかけますよ?それだと横向きのハート曲線になっちゃうからr=1+sinθで使わないといけないんだろうさ。」
    とツッコミどころ満載の発言をして教室が沸いた。
  • よく分からないがとても可愛い体型をしている
  • 講習会の際、授業前に教室の入口で待機中、学生クラスリーダーに「俺は逃げやしないんだから」とやたら言って、困惑させていたことがあった。愛想の良さからもうかがえるように、師の気さくな人柄が表れている。
  • 日本史がとてもお好き。特に徳川家康については、その産まれた時刻までご存知であるほどのマニアで、田部圭史郎氏に「家康については僕よりも詳しい」と言われている。

ーー

Amazon