小倉勝幸

Last-modified: Sun, 04 Nov 2018 00:51:42 JST (15d)

小倉勝幸(おぐらかつゆき)は、元駿台予備学校化学科講師。
お茶の水校市谷校舎横浜校大宮校札幌校に出講していた。

経歴 Edit

  • 成蹊大学工学部助手

授業 Edit

  • 物理の坂間勇師を尊敬していて、小倉師も板書は少なかった。
  • 本質的な「考えさせる化学」で、公式への機械的代入を禁止していた。
    • 状態方程式や中和の公式は使わない方針だった。
  • テキストの問題も順番通りには解説しなかった。
    • 当時のテキストは、三國均師が編集していた。
  • 理論分野(化学計算)に定評があったが、有機分野も説明が巧かった。
  • 特設単科講座「化学・小倉講座」では午前部や高3の最上位クラスよりも教材・内容ともレベルの高い授業を行っていた。

担当授業 Edit

通期 Edit

≪高卒クラス

≪現役クラス

講習 Edit

夏期講習≫≪冬期講習

  • 「化学特講」(夏期、冬期)
    • 関西の特講とは別物。こちらは三國均師編集。
  • 「化学計算問題特講」(夏期、冬期)
    • 実質、師のオリジナル講座。
    • 東大他、難関大学の化学計算問題対策講座。
  • 化学特講Ⅰ(計算問題)」(夏期)
    • 1996年に関東でも化学特講Ⅰが開講されるようになった頃。
  • 「基礎有機化学」(夏期、冬期)
    • 実質、師のオリジナル講座。
    • 講座名に基礎とあるが初歩レベルではない。
      石川峻師の「有機化学演習」「有機化学特講」よりレベルは上。

特設単科 Edit

  • 「化学・小倉講座」(特設単科)1991? - 年度
    • 90年代初頭にお茶の水校で開講されていた、主に計算問題の対策講座(大宮校でも開講?)。
    • 予備校の講座らしからぬアットホームな雰囲気で、受講していた近隣の研数学館生の研数学館のテキストを取り上げ、(半分冗談で)そのテキストを使って講義したことがある。

教材 Edit

  • なお、師が編集したテキストは、K関西教材とは違い、問題のみ掲載されペラペラに薄かった。
    • これは、小倉師に限らず、三國師も同様で、当時の関東化学科の方針である。

人物 Edit

  • 小さな巨人と呼ばれていた。
    とにかく背がかなり小さかった(150cm未満とも)が、化学講師としてのオーラは巨大であった。
  • 80年代から90年代初頭に、三國均師と並び称された(関東)駿台化学の二巨頭の一人。
    • 三國師が初学者に人気があったのに対して、小倉師は上級者に人気があった。
  • 90年代初頭まではかなりの人気があったが、90年代後半から引退するまではあまり人気がなかった。
  • 話術が秀逸で間の取り方も絶妙。
    1コマに1回は短い雑談をされる。
    • 1997年の大宮校浪人クラスのある授業で、教室に入るなり何も言わずに黒板に長方形を書き始めた。
      生徒がノートを取り終わる頃を見計らって、「これは、ワシの家の敷地じゃ」とニヤリとして雑談を始めた。
  • 演習には、数研出版の『化学重要問題集』を推奨。師曰く「全国の高校の先生でこの問題集を全問解答できる人はいないと思うよ。われわれはプロだからできるけど。」
  • 参考書に関しては「今説明したことは石川正(いしかわまさ)さんの本には書いてある。」と石川正明師の『理系の化学』に言及することがしばしばあった。
  • 1999年の授業で「今年から化学Sは僕と関西の石川さんが作るようになったから去年までの(三國均師作成の)ものとは比較にならないくらい良くできてるよ」と言っていた
    • が、石川師が作ったであろう箇所に対しても度々、批判をしていた。
  • 講習や特単では主に化学計算を担当していたが、有機化学の解説の巧さにも定評があった。
    • 『基礎問題精講』(旺文社)の解説で、その一端が垣間見られる。
  • 仙台校開校前の1989年、仙台に特別会場の冬期講習が設置されたが、受講者が20人足らずで、やる気がなかったらしい。
  • 50代の頃、師より年上の再受験生の方を指導したことがあり、その方は見事に国立の医大に合格されたとのこと。

発言集 Edit

  • 「僕の授業はプリントに色塗ってくのとは違うからね!」
    • やんわりと石川峻師への批判である。
  • プリント配る、ただノート取らせる授業なんかダメだよ!考えさせる授業がいいんだ!黒板に書いたらすぐ消す!いちばんいいのはね、坂間さんの授業なんだよ!坂間先生は君たちのことを思ってやってるかどうかはわからないけど」
  • 市谷校舎のレギュラーの講義中、ひたすらノートを取り続ける受講生たちを見て、
    「『標準問題精講』みたいな授業をするぞ!それじゃあ、力がつかんだろ!」
    • 強烈な三國均師への批判である。
      • 当時の駿台のテキストは三國師編集で、師の著作『標準問題精講』と問題が重なっていた。
  • 前方の生徒をあてて質問に答えられないと叱っていたが、
    「僕は怒っているんじゃないよ!君たちをencourage(激励)しているんだよ!」
    とおっしゃっていた。
  • 「高校の有機ってのはカルボニルの化学なんだよ」
  • 「カルボニルは立ち上がる!」

著書 Edit

学習参考書 Edit

  • 『化学計算入門(駿台受験叢書)』(駿台文庫
    • 「アセント」誌の連載の単行本化。
      • できれば、坂間師と同じくレクチャー叢書にしてほしかった。 
    • 師の化学計算の講義の一端を垣間見られる。
  • 『化学計算徹底50(駿台受験シリーズ)』(駿台文庫
  • 『基礎化学問題精講』(旺文社)
  • 『基礎化学IB問題精講』(旺文社)
    • 上記の改訂版(新課程版)。
  • 『化学IB・II基礎問題精講(基礎問題精講シリーズ)』(旺文社)

ーー

Amazon