1号館/高卒クラス詳細

Last-modified: Sat, 06 Jan 2018 10:16:48 JST (141d)

コース解説ページは1号館以外の校舎の事を知りたい人も多く閲覧するため、1号館に関する事を書き込むと混乱を招くためこのページに書き込んでください。

スーパー一橋大(LG) Edit

スーパー難関国立大文系(LI) Edit

  • 1クラスのみの設置。東京外大や旧帝大志望者が多くを占める。
    • 数学をセンターのみ使用する生徒が多い。
    • 一橋論述特訓の申込も可能であるが、一橋コースの認定が取れているのならばそちらに入った方が無難だと思われる。
  • 一橋コースや早慶コースと重複する講師が多い(同じ校舎なので当然といえば当然であるが)。
    • 特に英語は、御茶ノ水で唯一秋澤秀司師が入試問題研究を担当するクラスであり、和文英訳も勝田耕史師に教わることができるなど、地方校舎より恵まれていると言えるだろう。

スーパー早慶上智大文系 Edit

  • 上からLJ・LK・LLの3クラスを設置。
    • 3クラス分(約200人)も生徒がいるので当たり前かもしれないが、生徒によってかなり成績にばらつきがある。
  • 勝田耕史師・霜栄師・田畑千恵子師をはじめとしたテキスト監修を行う講師が多数出講する。
    • 田畑師は、授業内で早大古文研究のテキスト監修をした旨を話されることが多い。
  • 特に金曜日は坂井孝好師・霜栄師・田畑千恵子師・宮下典男師といったベテラン講師が揃い踏みする。
  • 若手講師・中堅講師・ベテラン講師とあまり偏りがなく出講している印象。
    • 出講講師の中で比較的若手である英語科久保田智大師や現代文科今井愛子師は、実力派であり生徒からの人気も高い。
    • 一方で、2017年で70歳になられる現代文科平野豊雄師や古文科秋本吉徳師も出講している。
  • 後期で、前期の模試の成績と出席状況を基にクラス替えを行う。
  • 各模試のコース内成績上位者開示の時は、3クラス合同での上位数名が発表される。中にはLK、LLの生徒も食い込んでくるが、大体の場合はLJが占める。
    • しかしLJでもLKでも上位に名を連ねる生徒は毎回ほとんど同じである。結局は本人の努力次第なのだ。
  • かなりオシャレに気を配ってる人が多い。
    • オシャレより成績を気にした方がいいのではないか
  • コース内でもクラスによって講師が変動する。
    クラスによって出講講師が変わる講座と講師は以下の通り。
  • 日本史・世界史は、LJは単独、LK・LLは合同で授業を行う。そのためか、出講講師が大きく異なる。

LJ Edit

  • 他2クラスと比べて大きく出講講師が異なる。
  • 特設単科等を除き、通常授業では一切LK・LLと関わりがない。
  • 模試の成績上位者の常連が多い。
    • 基本的に成績でクラス分けがされるので至極当然の結果である。

LK Edit

LL Edit

  • 途中で入学する生徒はこのクラスに配置される。そのため予備席が多く、LJ・LKより生徒が少ない。

スーパー早慶大文系Prm(プレミアム)(LQ) Edit

ハイレベル国公立大文系(LP) Edit

ハイレベル私立大文系・私立大文系(LT) Edit