数学YN

Last-modified: Wed, 08 Mar 2023 20:18:46 JST (446d)
Top > 数学YN

テキスト作成者 Edit

雲幸一郎

構成 Edit

前期

  • §1 ベクトル 三角関数と図形
  • §2 図形と方程式 数列 指数・対数
  • §3 整数 最大最小 微分と積分
  • §4 方程式と不等式 場合の数 確率
  • 講義問題解答

後期

  • §1 ベクトル 三角関数と図形
  • §2 図形と方程式 数列
  • §3 整数 最大最小 微分と積分
  • §4 方程式と不等式 場合の数 確率 指数・対数
  • 講義問題解答

特徴 Edit

  • 下位スーパーコース用の数学基幹教材。
  • 2020年度から使用される。
  • 数学YSと基本的な構成は同じである。
    • 数学YNも§1から§4に分かれており、週4コマ4人の講師が分担して講義する。
      • ただし、一部の校舎では連続2コマ、2人の講師が担当するところも。
  • 雲幸一郎師曰く、数学YSと根幹部分は変わらないとのこと。
  • 前期テキストは根本的かつ基礎的内容ではあり、数学力の根幹となる知識を身につけることが目的であるため、上位コースが利用する数学YSと難易度はほぼ変わらない。
    • 一方で、後期になると難度は上がり国公立入試の過去問で構成されるようになる。そのため、数学YSと難易度が乖離する。
    • それ故に、東大や京大、一橋大以外の難関大学(早慶や旧帝大)を志望する文系の学生にとっては、ちょうどよい難易度である。
      • 数学YN配当の受験生はプラチカなどの市販の参考書や数学YSに浮気するのではなく、まず通期テキストをしっかり仕上げることが大事である。
  • 教材の質はかなり良い。
    • テキストに対する毒舌で知られるあの鹿野竜也師は模範解答に一部苦言を呈していたが、テキストの内容は概ね褒めていた。
  • 西日本でも使用されている。

ーー

Amazon