年度別変更点/2021年度→2022年度

Last-modified: Fri, 09 Dec 2022 00:24:22 JST (1d)
Top > 年度別変更点 > 2021年度→2022年度

閉校 Edit

校舎 Edit

講師 Edit

新規(採用・移籍) Edit

引退・移籍 Edit

教材 Edit

高卒クラス Edit

新設 Edit

講座名変更 Edit

廃止 Edit

現役フロンティア Edit

通期コース Edit

高卒クラス Edit

コース Edit

現役フロンティア Edit

  • 難易度表記の変更
    • スーパーα→選抜
    • スーパー→難関
    • スタンダード→標準
  • 模試に関する変更
    • 駿台主催模試であっても校内生料金
      • 一般の団体申込みと変わらない模様。
    • 受験会場が選択可能となる

通期講座に関する変更点

特設単科講座 Edit

オンデマンド・サテネット講座 Edit

季節講習Edit

春期講習 Edit

夏期講習 Edit

  • 時間の変更
    • 2021年度まで夜コマが17時スタートだったのが、2022年度から17時半スタートに変更になった。
    • この影響で化学特講物理特講など、派手に延長する講座があまり延長しなくなった。(HGだと、21時20分終了であり、1時間延長すると10時半ごろまでいってしまうからであろうか?)
    • 森下師がこの事について言及し、派手に延長できないと嘆いておられた。

冬期講習 Edit

授業 Edit

高卒クラス Edit

  • atama+が前期3週間程度から2週間程度に短縮される。
  • 理系の地歴公民地理のみ対面授業。
  • 英文法の授業は2019年度以前のように週2コマに戻った。前期で一通りの文法事項を概観するカリキュラムとなる。
  • スーパー以上のコースでは、昨年度まで通期で行われていた共通テスト英語演習は今年度より後期から実施。

現役フロンティア Edit

  • 高2スーパーα国語」の現代文古文の授業が隔週交代から1日に両方やる形に戻る。
  • atama+2021年度3月をもって有料化。今後利用するには駿台高等部の講座を取り、担当講師?との面談をしながら利用する事となる。(つまり進捗を確認される)
  • 駿台独自のシステムLMSを廃止し、今後はComiruという株式会社Poperのシステムが採用され入退館のQRコード読み取りや、欠席フォローシステムの動画の視聴に利用される。なお、本年度より河合塾はStudyplusの利用が偶然にも同時期に開始され、学習の内容などがチューターに確認される模様。Comiru同様の入退館記録システムもある模様。
  • 上のComiru導入に伴い、欠席フォローシステムがマイページからでは無く、Comiru Airと呼ばれる(何故か)別アプリから利用する事になった。なおパソコンからであればブラウザより利用出来る。
  • さらに、各講座の着席番号がComiruの生徒番号に統一された。(2022年度春期講習より)そのため、講座ごとに番号を覚える必要が無くなり講習でも座席がわからなくならないことが予想される。一方で、Comiruの生徒番号は6桁であり、2桁多くて3桁だった以前の座席番号より探しにくくなる事が予想される。
  • 2022年度夏期講習は、着席番号が「教室番号」+「生徒番号」の10桁の数字となる模様。
  • CL(クラスリーダー)が1人1講座の担当から、その日の出勤者が複数講座を担当する方式に変更された。
    • 確認校舎は、横浜校池袋校市谷校舎、お茶の水3号館津田沼校札幌校(他校舎の情報求む)
    • 働き方改革で、休みを取りやすくする為のものらしい。を建前とした実質的な人件費削減である。
    • またCLが黒板を消すのをやめ、講師自身でやる事となった。因みにこちらは2022年度通期授業からの変更で、春期講習では普通に職員が消していた。
      • なお休憩時間には、新たな黒板消しの交換のみ行なっている。
      • その為、講師によっては休み時間終了時より早くやって来て黒板を消す時間を確保している。
    • なお、一部クラスは固定のままである。

ーー

Amazon