スーパー数学総合Ⅲ

Last-modified: Mon, 06 Jul 2020 15:07:21 JST (1d)
Top > スーパー数学総合Ⅲ

設置校舎 Edit

全校舎

テキスト Edit

§1極限
§2微分法とその応用
§3積分法とその応用
§42次曲線、複素数平面

授業 Edit

  • レベル:5-7
    • 上位旧帝、早慶、医学部などの難関大の入試の段階では解けるべきレベルの問題。東大京大レベルの過去問では簡単な部類、それ以下の難関大でも難しい部類。
  • 網羅的に全分野をしっかりやりたい人向け。数学の講座で迷ってるならこの講座が無難。
  • 幅広く問題が揃っているため、下手にオリジナル講座を受けるよりはこれらを自分に合う講師で受けることがオススメ。
  • 選りすぐりの良問がそろっていてしっかり復習すれば夏までにやっておきたい入試の典型問題を習得できる。(問題数は多くないので注意)
    • ただ、ほとんどの出典は過去問ではあるのだが、特にⅢの方は頻出問題といった感じがあまりない。おそらく、実力をつけるためにあえて頻出問題ではなく多少捻ってはいるが必要な事項が含まれる問題を選んでいるのであろう。
    • 駿台文庫の「ハイレベル数学3の完全攻略」や長崎憲一師の著者「数学III上級問題精講」にテキストの本問と同じ問題がいくつかあるので参考までに見てみると良いかもしれない。

担当講師 Edit

雲幸一郎
お茶の水校オンデマンドを担当。

鹿野俊之
お茶の水校を担当。

雲孝夫
お茶の水校市谷校舎大宮校を担当。

  • 例年、締切となる。
  • 各分野の基本事項の解説→問題の解説といった形式の授業
  • テキストはすべて終わらず、一部はプリント配布となる。
  • スーパー数学総合ⅠAⅡBも合わせて雲孝夫師で取ると、冬季に設置されているコバタカ師の入試数学の定石のような全分野の総ざらいが出来る。(但し、高3S‪α‬医系数学雲孝夫師の授業を通期で受講している人は、基礎事項の説明は通期の内容と完全に被るのでこの講座を取るなら他の講師でとることをオススメする。)
  • プリント配布された問題は基本的には自習となるが解説が詳しいのでとくに問題はないであろう。 
  • プリント配布や自習が面倒な場合は授業内で完結してくれる吉原修一郎師の授業がよい。

大澤章一
お茶の水校池袋校を担当。

戸ヶ崎秀樹
お茶の水校池袋校吉祥寺校津田沼校を担当。

若月一模
お茶の水校自由が丘校町田校を担当。

吉原修一郎
お茶の水校大宮校を担当。

桂祐一郎
お茶の水校大宮校を担当。

松田梓
お茶の水校横浜校を担当。

石川博也
お茶の水校横浜校津田沼校を担当。

森茂樹
お茶の水校横浜校柏校を担当。

小林隆章
お茶の水校仙台校を担当。

原成人
吉祥寺校立川校を担当。

相川雅昭
立川校町田校を担当。

清宮義幸
大宮校を担当。

齋藤寛靖
大宮校を担当。

清史弘
横浜校あざみ野校を担当。

永島豪
横浜校千葉校を担当。

矢加部淳
横浜校を担当。

桐山宣雄
あざみ野校を担当。

鳥羽博
藤沢校を担当。

岩出雅人
藤沢校を担当。

中條一秀
藤沢校を担当。

小松崎和子
千葉校を担当。

山瀬尊久
千葉校柏校を担当。

齋藤大成
柏校を担当。

ーー

Amazon