comiru

Last-modified: Fri, 02 Dec 2022 23:58:59 JST (7d)
Top > comiru

comiru(こみる)は、株式会社POPERが運営する塾専用コミュニケーション&業務管理システムで、AppStoreでの評価は1.7のアプリケーションである。

沿革 Edit

  • 2022年度春期講習より、comiruの利用が始まり、着席番号がcomiruの生徒番号に統一された。
    • これにより講座ごとに番号を覚える必要は無くなったが、桁数の増加と以前の着席番号の様な規則性が皆無な為、大人気講座などであると探すのに5分ほどかかることもしばしばある。
    • ちなみに河合塾は同年度よりStudyPlusの利用を開始した。Comiru同様の入退館管理システムもあり、StudyPlusでの勉強記録をチューターが確認して指導に利用している。その点において河合塾に負けていることは否めないまた、StudyPlusの本社は千代田区駿河台にある。大人の事情でComiruと提携したのか?
  • これに伴い校内生向けマイページの機能が一部削減された。なお駿台全体への通知は引き継ぎマイページで行われている。統一してくれ

機能 Edit

  • 入退室管理・映像授業の視聴・授業予定の確認と欠席連絡・校舎からのお知らせ通知・校舎へのチャット連絡が可能。
    • 授業日前日まで欠席連絡はワンクリックで行える。授業日当日は欠席連絡ボタンが表示されない。
    • 授業日が"座席管理"のタブに表示されている。なお、講習期間は休校扱いの表示をしている。
    • お知らせ通知は登録したメールアドレスに転送することができる。
      • 月間予定や模試の申込みなど、確認しておきたい情報が来る登録しておこう。また、校舎を介さずにパスワードを変更することもできる。
    • "指導報告書"には授業中に配られた講師オリジナルプリントが掲載される。
      • 横浜校2号館ではプリントがあるたびにお知らせ機能で配信され、"指導報告書"は利用されていない。よって校舎により対応が異なる模様。
      • そもそもプリントをコミルに添付せず、直接校舎で貰うようにしている校舎もある
    • お知らせ機能にはデータの添付機能があるが、どうやら一度に3ファイルのみの模様。夏期講習のお知らせの際は7つのPDFファイルを送信する為に3度に分けて配信していた。
    • チャット機能(お問い合わせ)が追加された。これによって以前存在したLMSとほぼ同等の機能が使えるようになった。
  • 入退室の処理・出席登録はアプリのQRコードを校舎のスキャナーにかざして行う。
    • 例えば横浜校では専用アプリがインストールされたiPadが一階エレベーター前に設置されており、そこで登録する
    • このQRコードは一定なので紙に印刷したものやスクショで代替が可能。
    • QRコードは読み取りに大変時間がかかるので、敢えて出席登録をしない猛者もいる。というか、時間の無駄だからしない生徒の方が多い。以下、出席登録をしたことのない生徒の経験及び補足である。
      • 4月の初回授業の一度しか出席登録をしてないないが、現時点で特に何かを言われるわけでも無い。筆者の知り合いのほとんどは登録せず、逆に律儀に登録している人の方が少ない。
      • 心にゆとりのある優しい現役フロンティア生は座席表に○をつけるだけで十分である。
  • 10分以内に2度スキャンすると『打刻失敗』といった文字と、不貞腐れた猫のイラストが出る。
  • 駿台生からの評判はかなり悪い。ウンこみる、ゴミルと皮肉を交える生徒がいる。
  • comiruにログインができない等のトラブルに対応すべく、駿台教務の仕事量も必然と増えた。そのうち、月謝が値上がりしてもおかしくないだろう
  • なお2月上旬からcomiruの画面内に出願校と受験番号を登録するフォームが追加される模様。なお、このフォームは保護者アカウントでも利用できると案内されている。
    • 本来は11月〜12月に登録したいところだが、教務によるとシステム上の関係で2月にならないとできないらしい。まさにウンコミル
  • 上に加えて、入試結果の報告もcomiruの模様。進学先が決定したらこれはフォームでは無く、お問合せにメッセージか電話をしろとのこと。

各校舎のcomiru教室番号一覧 Edit

校舎ごとに異なる教室番号は、ログインする時やアンケートの時など、忘れた頃に必要になるものである。以下の表を参考に役立てて欲しい。

comiruの利用法 (駿台予備学校生向け) Edit

  • ログインには校舎番号保護者か生徒か生徒番号パスワードの情報が必要である。
  • そのため、現役生などで複数校にまたがって在籍している人は、校舎ごとにログインし直さなければならずかなり不便。
    • そもそも同時ログインできないのはいかがなものかという意見もある。
  • またパソコンからのログインには校舎ごとに専用のログインページが利用される。その為ログインURLを忘れて最初の利用案内の紙を無くすと、校舎に問い合わせるか知人に聞くまで利用出来ない。以前のマイページは駿台公式ページから閲覧出来ていたので大変な改悪である。
    • 校舎を切り替えるのにも一度ログアウトしてから別ページでログインし直すという謎仕様である。
  • 現役生は季節講習の申込み情報をコース情報のページで見ることができる。

ーー

Amazon