石井光雄

Last-modified: Sun, 23 Sep 2018 01:19:55 JST (2d)

石井光雄(いしい みつお)は、駿台予備学校化学科講師。TMPS医学館講師。町田校,横浜校,あざみ野校,浜松校に出講。

経歴 Edit

  • 東京工業大学卒業。

授業 Edit

  • 駿台らしい、原理に忠実な授業を行う
    • 特に、part2で有機化学の説明時に電子論を用いることから、そういったことが伺える。(本人はあくまで参考として書いているが非常にためになる)
    • 師が受験時や大学で経験した化学についての話もしてくださる。
  • 板書量が比較的多く、板書のスピードがかなり速い。範囲が終わりそうもない時はスピードが神がかり的に速くなるので聞き逃したところは聞きにこう。
  • また、基礎的な部分は口頭で済ませることもある。どちらかといえば得意な人向けの授業展開であるが、苦手な人でも予習すればついていける。
  • 問題の取り組み方も、しっかりと指導してくれる。
  • また、化学科では珍しく、吉田師と同様に、板書中心で授業を行う。
    • ただし、無機の元素各論時にはプリントを用い、3週で終わらせる(と師自身が後期開講時にアナウンスさえする)。そもそも師はできる人は無機の授業自体にでなくても良いと仰る。
  • 実際、師も化学の背景にある理論の説明+問題の解き方の授業を行う講師の一人でもある。(少なくとも通期では)
  • 通期で師の授業を受けている人は師に頼めば、有機の問題をもらうことができ、添削してもらえる。
  • 質問対応、授業の各分野において欠けてるところが全くないので是非講習の講座はとっておきたい講師だと思われる。
  • 師の授業の問題でなくても、わからない問題等あれば質問を遠慮なく受けつけてくれる。そしてわかるまで教えてくれる。
  • 駿台ではよくあるが大学の内容に触れてしまうときも本質的な説明は紹介のみして問題解く上での必要な知識のみを重点的に説明するので非常に分かりやすい。また、過去に出題された大学のレベルを教えてくれる。
    • エネルギーと乱雑さが絡む箇所では、分かりやすさを考慮してなのか、低エネルギー化を発熱/高エネルギー化を吸熱と言い換えてくれる。(恐らく,師の頭の中で言い換えてると思われる。受験生が熱化学の分野において熱エネルギーとして扱いに慣れているからであると思われる。)
  • 特に無機分野では,師の過去問研究により過去にどこで出題されたことがあるのか、を元にどの程度まで覚えたほうが良いのかをざっくりとコメントしてくれる為,非常に参考になる。
  • 弱酸の水の電離を無視できない場合の水素イオン濃度について「これは出来なくて良いです、はっきり言って。でも出した所あるんだよね、順天(堂大学)。出すなよって思ったけど。」
  • 医学部専門予備校の化学科主任をしていた経験もあり、医学部入試に関しての知識がある。そのため医系コースの担当が多い。(それと東工大コース)

担当授業 Edit

通期

人物 Edit

  • 駿台化学科の隠れ名講師の1人である。
  • 口癖は「そもそもが」と「根本的に」と「どう考えても」
    • 「そもそもが」という際は「が」が強調されるため耳に付きニガテと感じる生徒も少なからずいる。
  • しょっちゅう「ですね」や「です」と言う。
    • 単なる語尾だけではなく文と文のあいだの間で短く鋭く「デスッ‼」や「デスネッ‼」といれてくる。一般的な人の「えー、」に当たる。
  • 授業中に突然笑いだすことがある。
  • 講師室で質問し終わる時、師が必ず生徒に「ほいほい頑張ってぇ~」とおっしゃってくれるので、言われた生徒はかなり勉強に欲が出る。
  • 上記のように様々な校舎に出講しているが担当が少ないのであまり知名度がない。
  • 化学科の吉田師と仲が良さそうである。
  • 東大実戦模試の化学の作成者の一人でもある。
    • 2017年度第3回駿台全国模試の化学作問の責任者である。なんであんなに難しくしなきゃいけないんだろうねーと仰っていた。
    • 東工大の青本の担当者の1人であり、2016年度からは東大の青本執筆にも携わっている。駿台化学科の影のブレインである。
  • 湯河原の件の某元都知事に似ている(頭が)
  • 浪人経験あり(東工大を受験した際物理を(1)から間違えたそう、その代わりに化学が抜群に出来たらしい。本人曰くそれでも東工大は受かります。とおっしゃる。)
    • 師の年代からして東工大の化学が東大より難しかったと言われてる時代だっただろうからかなりの実力者ではあるはず。
  • 10年ほど前までは横浜市の青葉台駅周辺に住んでいたらしい。
  • 大学では数学の授業をサボっていたらしい。
  • 講師室ではよくメガネをかけている。
  • 他予備校と兼ねて、指導をしているらしい。
  • スーパー東工大対策講座も担当している
  • また、駿台のイベントである、東大への道の担当師になっている。