スーパーα化学/春期講習

Last-modified: Wed, 07 Jul 2021 02:14:56 JST (110d)
Top > スーパーα化学 > 春期講習

2019年度開講

設置校舎 Edit

テキストについて Edit

  • レベル:6-9
  • 基本事項の作成、演習問題の選定は中村師が担当している。

授業について Edit

  • 東大・京大をはじめとした難関大合格を目指し、難問に対応しうる真の実力を養う目的で行われる。
  • 扱う範囲は、化学基礎(物質量計算・化学反応式など、酸・塩基、酸化・還元)と化学(気体法則・蒸気圧)。

担当講師 Edit

中村雅彦
オンデマンドを担当。

  • 基本的に各項目は通期や夏の講習で習うダイジェストになる。これは細かな内容よりも今は(春期)基本的なことの習得に時間を取りたいという方針からである。
  • もちろん酸塩基では師の特徴である共役概念を表に出して説明する。ただし新高3生が受けることと春期ということで電離平衡を用いずに説明する。フルバージョンで説明を受けたいならば通期か夏の講習まで待つことになる。
  • 13から15番は時間の都合上解答プリントを用いての説明になる。ちなみに恐らく師の手書きプリントを元にスタッフが編集したプリントである。オンデマンドではカラーが入ったプリントを用いながら説明するが、ライブ授業で配布されるのはモノクロ印刷のプリントである。
  • ライブ授業だと師の雑談に時間を割かれているがオンデマンドではそれがないため、ライブ授業よりも多く板書されてたりと丁寧である。
  • 色々と勉強になる師の雑談があるライブ授業か丁寧な板書になるオンデマンドどちらにも利点があるので好みで。
  • 春期という時期であるからか、ライブ授業での発言がいつもより毒がある気がする。
  • 師は、2018年度まではお茶の水校での高3スーパーα化学を担当していたが、新年度は担当せず、後進に譲ることとなった。

吉田隆弘
お茶の水校市谷校舎横浜校を担当。

増田重治
お茶の水校立川校を担当。

石井光雄
お茶の水校横浜校を担当。

高野辺康介
市谷校舎千葉校津田沼校を担当。

黒澤孝朋
池袋校自由が丘校吉祥寺校を担当。

ーー

Amazon