立川校

Last-modified: Wed, 21 Aug 2019 12:56:23 JST (22m)
Top > 立川校

〒190-0023
住所:東京都立川市柴崎町3-5-17
電話:0120-09-2418

概要 Edit

  • 2008年、駿台立川校開設。
    • 駿台教育振興㈱設置校。
  • 2014年2月11日、新校舎完成。
  • 2014年、駿台予備学校立川校開校(専修学校)。
    • 新校舎にて開校。

アクセス Edit

  • 駅から非常に近いが、広告にある1〜2分というのはさすがに無理がある。

特徴 Edit

  • 2014年度に旧校舎から移転した新校舎で開校。
    • よってトイレは非常に綺麗である。

長所 Edit

  • 一橋大学に近い校舎なためか、一橋対策講座に所縁のある武富師、内野師、大木師といった実力講師陣が出講する。
    • また直前プレには小林師、鹿野師らも出講する。
  • それに付随する形なのか(?)、東工大対策講座もそこそこ充実している。
    • 直前プレには雲幸一郎師が出講する。
      • 雲Kの授業目当ての東大志望の生徒も受講するので教室はそこそこ混み合う。
    • 東工大志望者が微妙に多いのか、東工大コースは唯一、独立クラス(SF)である。
    • ただ通期はそこまで恵まれているとは言えず、立川校に出講しているにも関わらず、東工大の青本の執筆者の1人であった増田師やお茶の水校横浜校で通期の東工大コースや直前プレを担当する成島師はなぜか立川校の東工大コースに出講しない。
  • 合同クラスではあるものの、東大、一橋大の各スーパーコースが、一応、独立して存在している。
  • 用務のリーダー格の人に校舎の誰もが頭が上がらず、影の校舎長とまで言われている。
    • 授業後、生徒が全員板書し終わるのを確認するまで絶対に黒板を消さなかったり、ゴミ箱の確認等も非常に丁寧にして頂けるので校舎の誰にも親しまれている。

短所 Edit

  • 有名講師はあまり出講しない。
  • 成績上位者の張り出しが恣意的である。
    • 模試毎に成績上位者を張り出すのだが、授業にあまり出ていない(と思われる)生徒を意図的に成績上位者の掲示から削除しており、公平性に欠けているという指摘もある。
    • そのような生徒が成績上位に多い場合は掲示すらしないのではないかという疑念もある。
      • どうしても順位が気になる場合はクラス担任に言えば見せてもらえる。
  • フロンティアホール進学情報ルームを兼ねているため、過去問集や雑誌がベタベタして不衛生である。
  • 他校舎同様に青本の貸し出しがされない。
    • 青本が出版されている大学、学部は赤本の貸し出しすらされないので注意。
  • 他校舎同様、フロホ民が存在する。

設置コース Edit

高卒クラス Edit

理系 Edit

文系 Edit

現役フロンティア Edit

設備 Edit

フロンティアホール Edit

  • 飲み物の自販機とアイスの自販機が1つずつある。
  • 狭いためにほとんどの高卒生は昼食などは教室でとる。
    そういった事情もあるので16:00〜18:00の間は現役生優先になる。
  • 進学情報ルームも兼ねており奥の方の本棚には赤本青本が置かれている。
    • ただし、高校に比べると、そんなに古いのまで置いてるわけじゃない。2000年代はギリあるかなくらい。また、部屋があまり綺麗ではないため、ベタベタしている。そもそも、赤本青本を飲食物をとることのできるフロンティアホールに置いておくのは、立川校の職員はあまり頭がよろしくないのではないかと思われる。廊下やロビーなど他校で当然置かれている場所へと変更すべきである。
  • Benesseとかのセンター対策の雑誌もある。無論、これらもベタベタしている。
  • 都心の校舎と同時にフロホ民が存在する。また、換気が行き届いておらず、部屋が弁当などの飲食物独特の臭さがある。立川校の者は至急解決してほしい。
  • 赤本青本の管理体制、そして換気など、生徒が困っていることに気づかない、若しくは気づいているのに改善しようとしないこの立川校は不適切であると思われる。

自習室 Edit

  • 6階、5階、2階、そして隣の建物に指定席自習室があり、開放型自習室も日替わりで開放している。指定席自習室の受付は1階にある。ただし、2階(21席)は現役生専用である。
  • 5階の自習室は3人席が使い辛い、隣の建物(通称サクセスルーム)は机が揺れるなどと言われており、基本的に6階に生徒は行くことになる(6階の時計は2つあるがなぜか時間が5分くらいズレている)。が、5階自習室使用者の合格率は高いという噂も・・・
  • 自習室で図画工作をやっている強者が定期的にいる。自習室全体にチョキチョキはさみの音が響きかなりうるさい。余談だが、2018年度の図工作をしていたものは明治、法に進学した。
  • 6階の民度はあまり高いとは言えず、何時間も爆睡する者がおり2019年度には、当時流行していた「荒〇行動」に勤しむ者もいた。

サクセスルーム Edit

イベント Edit

入試化学の得点源はコレだ! ~モル計算と化学反応式~ Edit

  • 8月に実施。申し込み制
  • 無料講座。
  • 高3生対象。
  • 担当講師は増田重治師。
  • 授業は50分×3コマ。
  • モル計算、化学反応式を重点的に扱い、標準レベルから難関大レベルに上げるのが狙い。

センター試験対策特別授業 Edit

立川校で実施。高校3年対象で無料
センター英語は鈴木海太
センター数学Ⅰ・Aは奥本望
センター数学Ⅱ・Bは手島史夫
センター現代文は飯島好文
センター古文は小向寿宏
が担当。数学以外は2講座用意されている。50分×2コマ

周辺情報 Edit

立川駅周辺は知る人ぞ知るラーメン激戦区で、ラーメン二郎など多くのラーメン屋がある。
オススメのラーメン店、その為予備校生の財力と腹持ちに見合った、いわばコスパのいい美味しい飲食店を知ってたら是非是非諸々教えてほしいよー。物知りの人、よろしくお願いします。

カフェ・ベローチェ立川南駅前店 Edit

校舎の右隣(JA東京第3ビル1F)にある。早く閉館する日に意識高い系学生はここで勉強する。

ファミリーマート立川柴崎町店 Edit

近所(ラングマンション立川1F)にあるが、昼時にはかなり混み合う。

セブンイレブン立川駅南口店 Edit

カフェ・ベローチェの交差点から立川駅南口方面へ徒歩15分。

セブンイレブン立川南駅前店 Edit

新しめのセブンイレブン。立川南駅から立川校に行く間にあるから行きやすい。やったね

セブンイレブン国立店 Edit

徒歩約75分。少し遠いのが難点。
遠すぎだろ?ネタなのか?

カレーハウスCoCo壱番屋 JR立川駅南口店 Edit

東京都立川市錦町2-2-2

らーめん チキント Edit

店名の通り「チキン=鶏」にこだわりを持ったラーメンのお店。
鶏白湯スープと多摩の老舗『近藤醸造』の丸大豆醤油、カツオ、煮干などの魚介スープを合わせた無化調スープのラーメン。
東京都立川市柴崎町3-4-9

宝華らぁめん Edit

立川で油そばを食べようと思った外せないお店。
東小金井の名店「宝華」の暖簾分け店。
お店秘伝のタレをたっぷり麺に絡ませた油そばが有名。
油そばにはお口直しの中華スープがついてくる。
東京都立川市柴崎町3-7-4 山三第二ビル1F

立川マシマシ Edit

ラーメン二郎インスパイア系のお店。
山のような野菜にボリューム満点のチャーシュー、頂上に乗った脂とニンニクの風味がクセになるガッツリ系ラーメンで有名。
本家二郎同様、【トッピングどうしますか?コール】がある(ニンニクはテーブルにあるのでコールはしない模様)。
二郎系ビギナーはコールに戸惑うので予習して行こう。

東京都立川市錦町1-2-16 立川アーバンホテル1F

一蘭 立川店 Edit

東京都立川市錦町1-3-3

まぜそば専門 かぐら Edit

立川駅南口から国立方面へ真っすぐ歩いたところにある。
「鶏油」、「海老油」、「鯛煮干し油」、「特製ラー油」の4種類の香味油からタレが選べるまぜそば専門店
東京都立川市錦町1-6-13 苅田ビル1F

蒙古タンメン中本 立川店 Edit

立川校からは立川南通りの錦町二丁目交差点を右折し、すずらん通りに向かって北上する。
一度食べたらまた食べたくなる、中毒性の高い激辛ラーメンが人気。
辛さ0のメニューもあるので、辛いものが苦手な人でも大丈夫。
東京都立川市錦町2-2-33 M-1ビル1F

横浜家系 麺屋はやぶさ Edit

立川駅北口から徒歩5分、屋台村パラダイスという飲食店街の中にある。
王道の横浜家系ラーメンをベースに、味噌ラーメンや油そば、にんにく野菜ラーメンなど多彩なメニューを展開。
立川で家系ラーメンで有名な「つばさ家」初代店長を務めていた方が店主。
東京都立川市曙町2-16-1 立川屋台村パラダイス (ヤタパラ)A-4・5区画

ーー

Amazon