鎌田真彰

Last-modified: Mon, 17 Oct 2022 22:00:00 JST (40d)
Top > 鎌田真彰

鎌田真彰(かまた まさあき)は、元駿台予備学校化学科講師。元学研グループ特任講師。現東進ハイスクール化学科講師。

経歴 Edit

授業 Edit

  • 石川正明師に教わっていたこともあり、板書のフォーマット・授業進行・解説の仕方は石川正師に相当近い。
    • 例えば、有機化学では石川正師同様有機電子論を用い、師自身が原子や分子の身になってしゃべる。人によってはたいへんわかりやすい。
    • 計算は、石川正師とはやや異なるところがあり、石川正師のやり方を批判することもあった。
    • 計算問題は、石川正流を鎌田師なりにアレンジした方法の他、小倉流を併記することもあった。
  • 板書は綺麗である。
  • 質問対応も丁寧である。

担当授業 Edit

通期 Edit

人物 Edit

  • 関西人だが神奈川の栄光学園出身との説もある(荒川英輔氏による)
 
  • 東進でも「東大化学」(東大特進コース『東大化学』および東進衛星予備校『東大対策化学』)を担当していた(前任は元代ゼミの二見太郎、後任は河合塾近畿地区から引き抜かれた大西哲男先生)。
    • 学研に移籍した2016年度も途中から匿名で東大特進コース『東大化学』を担当していた。
 
  • 参考書も多数執筆されている。
  • 『理系標準問題集 化学』(駿台文庫)の共著者の一人で、駿台を辞めて13年後の2019年3月発売の四訂版にも共著者として名を連ねている。
    • ただし、岡野版が移籍後に全範囲網羅されているのに対し、鎌田版は化学基礎のみで化学は別の先生(岸良祐先生)である。
  • 本項は本家のWikipediaの丸パクりである(そのうち、削除されるであろう)。(2020年11月現在)

著書 Edit

学習参考書 Edit

  • 『鎌田の 理論化学の講義 [改訂版](大学受験Do Series)』(鎌田真彰
     旺文社、2019年4月5日)
    • 通算、四訂版。
    • 三訂版から「計算問題解法編」と「必修知識編」が統合されたため、改訂版扱い。
  • 『鎌田の 有機化学の講義 [四訂版](大学受験Do Series)』(鎌田真彰
     旺文社、2019年4月5日)
  • 『福間の 無機化学の講義 [四訂版](大学受験Do Series)』(鎌田真彰 監修/福間智人 著 旺文社、2019年4月5日)
    • 福間師が現場を離れて久しいからか、四訂版を監修している。
  • 『鎌田の 化学問題演習 理論・無機・有機(大学受験Do Series)』鎌田真彰・土田薫 共著 旺文社、2020年9月18日)
  • 『大学受験 化学 鎌田の 化学基礎をはじめからていねいに(名人の授業)』(鎌田真彰 著 東進ブックス/ナガセ、2014年3月25日)
    • 技術評論社に版元移籍した岡野雅司先生の後継。

ーー

Amazon




*1 現・理学院化学