世界史戦後史総整理

Last-modified: Mon, 27 Sep 2021 20:09:24 JST (70d)
Top > 世界史戦後史総整理
  • レベル:3-9

設置校舎 Edit

夏期講習 Edit

冬期講習 Edit

テキストについて Edit

  • テキスト作成者は須藤良
    • 右ページは通期授業における師の板書部分に該当する。須藤師自身が板書をいちいち書いていたらテキストが終わらないと言っているためである。
  • 普段の授業の配布プリントと同形式で左ページが穴埋め、右ページが答え及び要点のまとめやコラムとなっており、暗記がしやすい。
  • 講習のサブタイトルが(1945年-〇〇年(講習のある年度)の総整理)となっている通り、毎年最新の出来後について須藤師が重要度を考えた上で加筆している。
  • 大学入試に出る全ての用語を網羅したテキストと須藤師がおっしゃるように、ニカラグア史やレバノン史などマイナーな事項についても体系的にまとめられている。
  • 100ページ以上の量があるため、しっかり解説する項目と、軽く解説する項目とに分類されている。
  • 冬期の世界史完成〜地図と地理・テーマ史の徹底整理〜の負担が重過ぎるため、2つともとる場合は夏期にこの講座をとって冬期の負担を減らすのが最良の判断であろう。

授業について Edit

茂木誠

  • 冬期のお茶の水校池袋校を担当。
  • 講座は私大向けであるが、師の場合は例外的に国立向けの論理重視の講義を行う。
    • よって早慶等の細かい知識を問うてくる学部を第一志望にしている人には向かないかもしれない。
  • 実質、茂木師版の欧米戦後史徹底整理
  • 国立大志望は、茂木師の本講座or渡辺幹雄師の欧米戦後史徹底整理を受講するとよい。

須藤良

  • 夏期はお茶の水校、冬期はお茶の水校大宮校横浜校を担当。
  • 平易な言葉を用いたり、歴史上の偉人や国になりきったわかりやすい授業を行う。
  • 前述した通り板書は既にテキストに書かれているためほとんどない。
  • テキストのほとんどの部分に触れるため、毎日20分から40分延長することがある。

佐藤哲

鵜飼恵太

松崎弘信

岡留正幸

小杉真亮

廣木俊昭

寺師貴憲(〜2015年度)、松山仁史(2016年度)

ーー

Amazon