アジア近現代史徹底整理

Last-modified: Wed, 07 Jul 2021 13:40:05 JST (107d)
Top > アジア近現代史徹底整理

設置校舎 Edit

夏期講習 Edit

オンデマンド

冬期講習 Edit

お茶の水校吉祥寺校横浜校

テキスト Edit

授業 Edit

  • 夏期、冬期両方で開講されるが、同内容。
    • ただし夏期はオンデマンドのみ。
    • 特に未習者は冬期にまわすと進度が遅れがちになるので、時間に余裕があるなら夏期や通期にオンデマンドで受講するのもおすすめ。
  • 国公立・早慶向け。国立文系が目標校の高卒クラスでは授業中に受講を推奨される。
  • テキストの前書きには、「東大・一橋などの難関国公立の論述問題」「早慶の難解な正誤判定問題」対策を意識している旨が書かれている。
  • 欧米近現代史徹底整理のアンサー講座でもある。

担当講師 Edit

渡辺幹雄
お茶の水校吉祥寺校オンデマンドを担当。

  • 自ら執筆したテキストに沿って、全ページの内容に触れながら高速かつ密度の濃い授業をする。
  • 現代の国際情勢にも多く触れつつ、常に歴史の因果関係を重視した講義。
    • 特に中国史や朝鮮史は「日本人としてちゃんと学んでおくべき事項」として念入りに解説する。
  • 世界史が得意な生徒や既に現代史まで一度はやり終えている人には非常に有意義。
  • ただし、苦手な人や範囲が間に合っていない現役生が受けると逆に消化不良を起こす可能性があるので、そういった人は鵜飼師の授業の方が無難。
  • 東大や一橋の論述への言及が多い。
  • 夜コマの場合毎回30分以上延長し、セルフハイグレードと化すこともある。2018年度はこの講座が昼コマに押し込められており、毎回30分前開始、最終日は終わりが次の戦後史講座開始の30秒前というスケジュールだった。師曰く、「この講座は本来1日4時間でやるものだ。それを(教務が)真ん中のコマに押し込めやがったんだ」とのこと。

鵜飼恵太
お茶の水校横浜校

ーー

Amazon