廣木俊昭

Last-modified: Sat, 21 Nov 2020 22:36:56 JST (59d)
Top > 廣木俊昭

廣木俊昭(ひろき としあき)は、駿台予備学校世界史科講師。1号館.池袋校,町田校,藤沢校,津田沼校,柏校に出講。

経歴 Edit

  • 学習院大学大学院人文科学研究科前期博士課程(史学専攻)修了。
    • 「古代中国における薬物学の成立〜身体に対する薬物観〜」

授業 Edit

  • 予習をしていかなくても聞いてるだけで理解できるほど授業は分かりやすい。
    • 世界史で廣木先生に教えてもらうことができたらかなりの幸運という声もあるほど。
  • 授業の冒頭で、前回の範囲の小論述テストをやる。
    • 提出はせず答えもすぐに配られ、簡単な解説もしてくれる。
  • 絶対に補講を組まない。師曰く「補講とか私嫌いなんですよ」
    • 無論、授業もきっちりチャイムと同時、もしくはチャイムの鳴る30秒前に終了なさる。
  • 授業中にはさむ人物についての小話がかなり面白い。
  • 口癖は、文末に「うん。」とつけることと黒板を消すときに「よいしょ、よいしょ」ということ。
    • 最近は「よいしょ」と発言する頻度が減少した模様。
  • 話を切り替える時「さて」と言うことが多い。
    • 授業が進むにつれ、「さて」の切れ味が鋭くなる。
  • 用語集を精読しており、授業中にも「この単語は今は用語集に載ってないけどね、うん」とか「○年前にこの箇所が訂正された」などと言うこともしばしばある。
    • 別のパターンでは「これ、〇年前まであったけど消えちゃってねー。ただ私はこの言葉重要だと思ってるし、好きなんだよね」と仰っていた。
    • 「この表現はちょっと特殊だけど、○○社の出している参考書にあったんだよね。~~」と仰っているため、読了している参考書・過去問は相当多岐にわたると推測される。

担当授業 Edit

通期

直前Ⅰ期

出講なし

直前Ⅱ期

人物 Edit

  • 東大の青本の執筆者である。
  • 質問対応は大変丁寧で、駿台講師の中でもトップクラスに優しい対応。厳しいことは全くおっしゃらない。
    • なかなかに深い知識まで教えていただけるため、師を長時間の質問で占領する生徒がどの校舎にも1人はいる。
      • 師はその生徒をなるべく避けて早く帰ろうとしているように思えるので、質問が出来なくて困る生徒がよくでてしまう。
  • 不思議なことに、毎授業で350mLのいろはす(ミネラルウォーター)を持ってくるが、一切口にする様子が無い。
    • 最近では、ファミリーマートの350mLのミネラルウォーターを持参なさり、連コマの終盤の授業で声が枯れてくると時々に口になさる。

ーー

Amazon