岡留正幸

Last-modified: Mon, 19 Jul 2021 22:00:46 JST (94d)
Top > 岡留正幸

岡留正幸(おかどめ まさゆき)は、駿台予備学校世界史科講師。1号館,2号館,立川校,町田校,大宮校に出講。

授業 Edit

  • プリントを使った授業をする。毎年一応内容はマイナーチェンジしている。
  • USBを渡せば、過去問を沢山くれる。
  • 黒板の上1/3は板書しない。
  • 授業は奇を衒わない極めてオーソドックスなもの。自作プリントの内容に沿って解説をしていく。
  • 特に解説が分かりにくかったり話し下手であったりする訳では無いのだが、総合的な知名度や人気度はあまり高いとは言えない。
    • 世界史科の他の人気講師と比べるとやや話し方がまどっこしい感は否めない。授業自体もそこまで分かりやすいものではないという意見もあり、自分で参考書をやった方が早いと感じる人も少なくない。ただし、論述指導の丁寧さには定評がある。
      • 授業にもよるが全体的に解説はあっさりしており、話し方もそこまで明快ではない(ついて行くのに少々慣れが必要)。既習者にとってはいい復習になると思われるが、初学者や世界史が苦手な人にとっては地雷講師となりうる。
    • 近現代史の授業の時は既習者にとっては横と縦の関係がかなりわかりやすい授業を展開する。
    • プリントは各歴史事項の説明と板書をそのまままとめたような形式。用語や時代背景、補足説明などの説明は比較的詳細だが、箇条書きが崩れていたり時系列が見にくかったり改行や空白の入れ方が不規則であったりするため、少々見にくいものになっている。
      • ほぼ毎回授業範囲の過去問プリントを配ってくれる。
      • 他の中堅・ベテラン講師の授業を受けると、プリントの出来の差が余計に際立ってしまうことも。高卒生は世界史を複数の講師に習うが、これにより師の授業に限界を感じる人もいる。
      • 師の授業に慣れていないとプリントの内容や論理構成が理解・把握しづらい面がある。
  • 以上のような点から、好き嫌いがはっきり分かれやすいタイプの講師である。
    • 熱心に師の指導を求める人もいる一方、授業を切る人も散見される。
  • 授業が2コマ続きの場合は、休み時間に講師室に戻らずに教室で記述問題の添削を受け付けるなど、質問対応や生徒の面倒見は良く、大変親切に対応してくださる。
  • お茶の水校ではあまり目立たない講師。

担当授業 Edit

通期

人物 Edit

  • ホームページがある http://okadome.net/
  • 話す速度が速めで滑舌もあまり宜しくないため、やや話が聞き取りづらい事がある。
  • サッカーが好き
  • 愛称はmasaa
  • 数少ない口癖の一つ「言うならば〜」

ーー

Amazon