長谷川冬樹

Last-modified: Mon, 16 Sep 2019 10:08:11 JST (6d)
Top > 長谷川冬樹

長谷川冬樹(はせがわ ふゆき)は、駿台予備学校化学科講師。成増塾化学科講師。1号館,2号館,8号館,自由が丘校,立川校,横浜校,千葉校,津田沼校に出講。

経歴 Edit

  • 東京農工大学工学部卒業。

授業 Edit

  • 英語科のK師には遠く及ばないが筆圧が高くチョークを粉砕させながら板書する。(マイクに板書の音が入るほど)
  • 板書にひらがなが多い。計算の過程まで丁寧に書いてくれる。
    • 前期末の独自のアンケートで生徒に指摘され、「密度」や「濃度」などを漢字で書くようになった。
  • 教科書をベースにした師の作成したプリントを用いて授業を行うことがある。丁寧な解説が書かれており、面倒見の良さが表れている。
    • 演習問題の別解などはプリントにしてくれ、その他テキストに載っていないことや良問などをプリントにして配ってくれ、解説もしてくれるので非常にわかりやすい。
  • 時折生徒達に答えさせる。パスOKであり、パスをすると「パス渡った!」、正解すると「決まったァー!」と褒めてくれる。
  • 声出しではメガホンを持ってくることも。
  • 有機の授業では自作の替え歌を歌ってくれる。
  • 通常期の50分授業の始めには「目覚めの声出し」半分を過ぎたあたりで「息抜きの声出し」と名付けられた声出しタイムがあり化学のコロイドや有機に関する知識を盛り込んだ声出しをする。
  • 授業開始時には「今日もフルスイングで!やっていきましょうね〜!」とおっしゃる。なお、配布されるプリントにも上部には「今日もフルスイング!」下部には「明日はホームラン!」などの言葉が書かれている。
  • 授業の進度はゆっくりめで、補講を組むこともある。

担当授業 Edit

通期

人物 Edit

  • 背が高い
  • 色白である。いわゆるソース顔と呼ばれるようなイケメン。
  • 黒縁のメガネをしている
  • 駿台化学科としては若手である
  • 結構訛っている.北関東,東北系か?
  • 「〜ですよ」を「〜でそ」と発音する。
  • コロイドの分野で読み合わせを行うが、師特有の語尾上がりによって「ゾルゥーー↑」「ンゲルゥーー↑」「ッンキセロゲルゥーー↑」とどんどん甲高く上がっていくのは名物(つられて笑ってしまわないように注意)
  • 行動や容貌が可愛らしい。
  • 料理が得意である事を自慢する。授業の説明にも料理にまつわる話がしばしば出る。「僕は料理人でねー、チョークよりもフライパンを持つんだ。」
  • 急に面白い事を言い出し、場を和ませることがある。
    • 浸透圧の説明の際、「ポカリスェットを鼻から飲んでも痛くないぞ」と急に真顔で言いだし、教室中沸いたことがある。
  • 美術の成績が「1」だったことがある。現に、黒板にたまに書く絵は本当に下手である。
  • 高校の頃、化学も苦手科目であったとか。
  • 一番好きな動物はカバ(大きくて可愛い)。2番目に好きなのはサイ(かっこいい)。そのためカバとサイには詳しい。
  • 欠席フォローアップシステムの動画を”ビデオレター”と呼ぶ。
  • 欠席者が多く、翌週の小テストの出来が良くなかった際、「あれ?先週欠席した人いる?えっ、こんなに休んでたの?僕のビデオレター見てくれてない?」と悲しそうに言ったことも。
  • 師のDVD教材のウェブサイト:https://ikerukagaku.jimdo.com/
  • 成増塾の師の紹介文に「大手予備校の東大クラスでも教鞭をとっている」とあるが、確かに東大文系演習コースの化学基礎センター試験対策を担当しているので嘘ではない。
  • 声出しタイムで化学に関する声出しを行うが、師の声出しが特徴的であり耳に残るためしっかりと覚えることができ、生徒からは評判である。

ーー

Amazon