角田和孝

Last-modified: Wed, 03 Oct 2018 07:29:36 JST (14d)

角田和孝(つのだ かずたか)(1955年-)は、駿台予備学校日本史科講師。1号館大宮校町田校柏校に出講。

経歴 Edit

  • 早稲田大学第一文学部卒業。

授業 Edit

  • 個性やクセが強い駿台日本史科の中では比較的オーソドックスで史料に重点を置いた授業を展開する。
  • 早稲田出身であるゆえか私大系の講座を多く持っているが論述指導の評判も高く、国・私問わず幅広い指導を行える講師のひとりである(かつて一橋大日本史を担当していたため)。
  • 授業はプリントで進められる。しかし、2018年度より板書もするようになった(進度の関係でプリントも用いる)。
    • 基本的に穴埋め式ではないが、アンダーラインやマーカーを引くように指示される。
    • プリントはかなり細かく書かれている。また板書はとても少ない。
    • そのため師の話した事をしっかりメモする事がポイントとなる。
      • エピソードと称して話される内容は、テキストやプリントに記載されていない語句や系図を使って、出来事を繋ぐ因果関係など。他講師の中にはメモを取るように指示する人もいるが、師はされないので注意が必要。
    • プリントの量は膨大である。通常の通史のプリントの他に駿台文庫日本史史料集のコピー、各テーマ史などのプリントが配られる。
      • テーマ史のプリントは初期の方で配られたものであっても終講まで使うので授業の際には必須である。
    • プリントに書かれている用語は、その用語のレベルごとに字体を変えている。
      • 私大クラスの場合は、
        ・センターレベルはゴシック体
        ・センター不出・私大レベルは楷書体
        ・教科書不記載だが私大で出題されたことがある用語は隷書体
        で記されている。
  • 授業では駿台の日本史史料集を使う。通期では最初の授業で史料集を使用する旨をおっしゃられる。
    • 持っていないと授業理解に支障を来すので、もし持っていなければ購入必須。
  • また、開講から何週間か経つと論述指導もしてくださる。
    • 論述の指導内容は日本史の知識ばかりではなく、設問文からどういう思考回路をして知識を取捨選択するかや、どんな言葉を使うか、どの様に文を繋ぐかなど国語的観点からも見てくださる。
  • 授業中は、教材に沿って中学社会レベルから難関大レベルまで幅広い内容の質問を生徒全員に向ける。特に生徒を指したり回答を要求されることはないが、師が問いを投げかけた時の生徒の反応で生徒がその内容を予め理解・認識しているかを確かめているとのこと。

担当授業 Edit

通期

直前Ⅰ期
直前Ⅱ期

人物 Edit

  • 駿台の大半の講師は左寄りだが、師は右寄り。ただし、明確な右寄り発言は滅多になさらない。
  • おそらく駿台日本史科講師陣のなかでもっともセンター試験を研究している。
  • 教科書を見る時は索引から読んでみるように仰られる。
  • 通期でも講習でも、かなり広い地域で講座を持っている。
  • 過去問演習をするときに、東進の「大学入試問題 過去問データベース」を利用することを勧める。
    • 「東進生のフリして会員登録すれば誰でも使えちゃうからね〜」
    • 勿論利用しなくても良いが、会員登録無料で多くの大学の過去問を閲覧・印刷できるので、1冊あたりの値段が高い赤本青本を買うよりはお得である。
    • 但し、解説が掲載されていないものもあるので、解説を見たい時やわからないところがあった時は、迷わず進学情報ルームを利用するか講師に質問すると良いだろう。
  • 基本的にYシャツ・スラックスといった格好で授業をするが、夏場は急に格好がラフになり、アロハシャツのようなものを着てくることもある。
  • 雑談では頻繁に食べ物の話をする。
  • 声の絶妙なソフトさは森本レオに似ている。
  • 2011年に一度脳梗塞で倒れられた。現在は回復しているらしいが、今でも若干呼吸が荒く、整っていないようにも感じられる(関連性の有無はわからない、単にマイクが近いだけなのかもしれない)。
    • それまでは一橋大日本史なども担当していた(今でも一橋大実戦には関与しているそう)が、体調を崩されてからは担当コマ数を減らし、プリントによる授業に変更した。しかし、2018年度からは、体調を考慮しつつ、板書もするようになった。
  • 元々は法学部志望で、予備校講師になることなど全く考えていなかったが、早稲田大学第一文学部に進み、史学を学ぶうちに日本史講師を志すようになり、現在駿台の教壇に立っている。そのため、いつどのようなきっかけで一生を共にするものを得るかわからない、ということを話されることがある。
  • 見た目が強面なので、学生の頃からその道の人だと思われることが多いらしい。笑ったら優しいおじさんである。ちなみに、師の父親は警察官だったらしい。
    • 田口康孝師は師のことを「組長」と読んでいるが、それを聞いていた周りの先生も納得の表情だったとか。
  • 学生時代に、一般参加枠でテレビ番組「クイズタイムショック」に出演したことがある(本人談)。
  • 延長することを駿台の延長王になぞらえて"ふくいる"という。そして、よく"ふくいる"(もちろん延長の程度は到底及ばないが)。

著作 Edit