スーパー英語総合/春期講習

Last-modified: Mon, 16 Apr 2018 06:29:16 JST (183d)

設置校舎 Edit

テキストについて Edit

  • レベル:5-9
  • テキスト監修は大島保彦。昔は夏期や冬期の監修も大島師だったが、近年は春期のみである。
  • テキストの問題は毎年変わる。2015年度からボリュームが減った。
    • 2016年度は読解の比重が軽くなった為かさらにテキストが薄くなった。
  • テキストは文法・読解・英作の3構成×4である。テーマは語順。

授業について Edit

  • Sα並みの難易度と言われているが普通に勉強してきた生徒なら食らいつけるし高難度ではなく学べる内容が詰まってるので重いと捉えられる。
  • Sα、Sの現役校内生は受講をすすめられる
  • 苦手分野がなく総合的に伸ばしたり網羅的に演習がしたいなら最適の講座である。
  • 2017年のみオンデマンドでも受講可能であった

池田浩二
札幌校を担当。

大島保彦
大宮校を担当。

蒲生範明
お茶の水校大宮校を担当。

駒橋輝圭

お茶の水校あざみ野校を担当。

  • 構文を予めとってある詳細なプリントが配られるので復習に困ることはない。
  • 後日、USB等を持っていくと師が吹き込んだ音声データが貰える。
  • 講師自身は人気沸騰中ではあるが、春期は締切講座となる可能性はほぼ無い。

斎藤資晴
春期の札幌校を担当。

阪元利和
藤沢校を担当。

佐山竹彦
お茶の水校を担当。

鈴木海太
池袋校を担当。

竹井幸典
自由が丘校横浜校を担当。

武富直人
吉祥寺校立川校を担当。

戸澤全崇
立川校仙台校を担当。

袴田隆一
津田沼校を担当。

原田恵
立川校柏校を担当。

東内誉志
あざみ野校を担当。

久山道彦

お茶の水校町田校横浜校藤沢校を担当。

  • 春期は締切になることは無いがオススメである。
  • 英語の勉強法や細部まで基礎からやってくれる。
  • 一度受けると久山教の信者になってしまう者も多い。

平柳和哉
町田校を担当。

廣田睦美
池袋校津田沼校柏校を担当。(2017年度はオンデマンドも担当)
柏校の場合は人数が少ないのでゆったり受講できる。また、個人へのアドバイスなどフォローもよい。駿台がはじめてでもとりやすい。

福沢稔之
横浜校を担当。

藤澤恒夫
お茶の水校を担当。

藤戸英行
吉祥寺校を担当。

増田悟
お茶の水校千葉校津田沼校柏校を担当。

水島雄一郎
吉祥寺校千葉校を担当。