西山清二

Last-modified: Sat, 10 Nov 2018 04:35:45 JST (31d)

西山清二(にしやま せいじ)は、元駿台予備学校数学科講師。現河合塾講師。

経歴 Edit

  • 熊本県人吉市出身。
  • 鹿児島大学工学部中退。
  • 立教大学理学部数学科卒業(編入学)。
  • 千葉大学大学院修士課程修了。
  • 東京都立大学大学院博士課程修了。

授業 Edit

  • 分かりやすい講義に定評があった。
  • 講義では補助プリントを配布することもあった(人物参照)。

人物 Edit

  • 往年の駿台を支えた人気講師。
  • 小島敏久師とは盟友だったらしい。
  • 秋山仁師を師と仰いでいた。
  • 駿台在籍時代は、小林隆章師、西岡康夫師、長岡恭史師とともに若手のホープ的存在だった。
  • 駿台在籍時代は、例年、主に市谷校舎の午前部理3α〜医系スーパーコース、お茶の水校の難関国公立大理系セレクトコース(東工大コースの一つ下)を担当していた。
  • 講義では補助プリントを配布することがあり、他クラスの学生まで貰いにくることもあった。
    • 貰いにきた学生のクラスの該当セクションの担当が、たまたま、当時、数学科主任の一人であった野澤悍師だった。
    • 結果的に、自身の担当セクションのプリントを配られた野澤師は激怒し、そのことが後の河合塾移籍の要因の一つではないかという説がある。
  • 1993年度の学期途中に河合塾に移籍した(同時期に英語科の田丸延男師と福崎伍郎師も移籍している)。

ーー

Amazon