西岡康夫

Last-modified: Sat, 13 Jan 2024 00:37:43 JST (165d)
Top > 西岡康夫

西岡康夫(にしおか やすお)は、元駿台予備学校数学科講師。元代々木ゼミナール数学科講師。現代々木ゼミナール教育総合研究所主幹研究員。

経歴 Edit

  • 1957年生まれ。
  • 1979年、東京大学工学部建築学科卒業。
  • 国家公務員試験合格も某省庁の内定を辞退(本人談)。
    • 入省説もあり。
  • 元 市進予備校講師。
  • 元 研数学館講師。
  • 駿台予備学校講師(1986 - 1999年度)。
  • 1995年、日本教育フォーラム理事(CIO)。
  • 元 日本教育フォーラム・プレカレッジコース代表講師(1999 - 年度)。
  • 代々木ゼミナール講師(1999 - 2014年度)
  • 元 LEC大学講師。
  • 元 LEC専任講師。
  • 代々木ゼミナール教育総合研究所主幹研究員。
  • オレンジ進学サポート講師。

授業 Edit

  • 駿台出講初期は根岸世雄師のような正統派スタイルだったが、徐々に秋山師スタイルにチェンジしていった。
    • 現代文講師の吉成学師によると西岡師は秋山仁師と根岸師のいいところを取って授業をしていたらしい。
  • 数学は3つの戦略で全て解けるとし、論理的な数学の本質をつく授業に定評があった。
    • 「(論理階層をもつ)判断枠組」は戦略・作戦(行動)・戦術の三つの論理階層から成り、その三つを駆使して問題を解く。
  • 解法パターンの暗記には否定的だったものの、典型的問題をシラミつぶしに(網羅的に)演習する必要性は認めていた。
  • 解説し終わると「はい、終わり」「終わりだよ」とぶっきらぼうにいうことがあった。

担当授業 Edit

通期 Edit

講習 Edit

特設単科講座 Edit

  • 数学I基礎? 池袋校
  • 入試数学のロジスティックス 大宮校
  • 入試数学のOJT お茶の水校
    • テストゼミ
  • 入試数学のロジスティックス(サテネット21) 1995年度前期
  • 入試数学の「判断枠組」ー「解」の論理・「解」く技巧(サテネット21) 1996年度

高校生クラス Edit

人物 Edit

  • 往年の駿台数学科を支えた人気講師。
    • 市谷校舎の下位コースの午前部理3βでも人気があった。
  • 東大生のアンケートで、予備校の数学講師の評判で1位になったことがある。
  • 根本的なところから大学教養レヴェルまで丁寧に説明するため絶大な評価を浴びているが、授業内容については賛否両論がある。
  • 秋山仁師の弟子的存在だった。
  • 一般的なタイプの数学の参考書・問題集などのことを、軽い侮蔑の意味を込めて「チマターズ」と呼ぶ。
  • 「試験会場であてにならない3つのもの」は「行間」「過去の記憶」「隣の奴の答案」であると言っている。
  • 一見怖そうに見えるが、実際はバラエティ番組が大好きという一面もある。
  • 生徒の参加態度については甘めなのか少々悪くても怒ることはない。
  • 駿台時代は人気が出るにつれて、学生に対してもだんだん不遜な態度になっていった。
  • 漫画『ドラゴン桜』の関係者から取材を受けたが、師はドラゴン桜の勉強法を真っ向から否定しており、それゆえ記事としては採用されなかった。
  • 代ゼミでは、法学は理論の筋道が数学と同じことからか、法科大学院適性試験対策講座も持っている。
  • 『名探偵コナン』を愛読している。

予備校遍歴 Edit

  • 1999年度に、薬袋善郎師、今野和浩師、真下雅浩師を引き連れ、鳴り物入りで代々木ゼミナールに移籍した(同時期に仲本浩喜師も移籍)。
    • 1999年度は兼任。
    • 代ゼミでは代々木校、津田沼校に出講。
    • 上位校受験に強い駿台でこそ師は輝けたという向きが強いが、代ゼミでも講習会、オリジナル単科で締め切りがちょくちょく出るなど、人気があった。
    • 当時のBIG3岡本寛先生、荻野暢也先生、山本俊郎先生に次ぐ人気があった。(東大理系・文系クラスともに数学はこの四人が担当の年もあった。)
  • 代ゼミでも信者が存在し、マニアックな人気があり、師が例年、出講していた津田沼校まで追っかけする学生もいた。
  • 代ゼミ本科(大学受験科)では、『東大理系数学』(本科・単科)を担当する他、『セレクト理系数学』『数学ⅠAⅡB(東大文系クラス)』などサテライン講座も数多く担当。
  • 代ゼミ時代は、『東大理系数学』(花村秀先生の後任。西岡師の後任は箕輪浩嗣師→土田竜馬先生)や東大模試の出題(米谷達也先生の後任)を担当していた。
    • 『東大理科数学特講』という別講座も担当していた。
  • 単科ゼミのオリジナル講座『解の戦略』を担当。
  • 単科ゼミでは『国公立医学部数学特講』という、大学教養レヴェルの極めて難しい講座も担当。
    • 『国公立医学部数学特講』という実質、オリジナル講座も担当。
    • 後に、『国公立医学部特講』は理科も新設され、本科のオプション講座となり、それに伴い医系のオプションコース(MG)までも新設された。
      • ちなみに、物理は中川雅夫先生、化学は岡島光洋先生、生物は大町尚史先生が担当していた。
    • しかし、何があったのかわからないが、2011年度より西岡先生の『国公立医学部特講』はすべて廃止され、医系数学講座は藤田健司先生のみとなり現在まで続いている。
    • 季節講習は『医系数学の秘伝「ヒポクラテス」』などの講座名だった。
  • ブロードバンド代ゼミTV-NETにも出演していた。
    • 残念ながら、なぜかオリジナルテキストではなかった。

ーー

Amazon