首藤大貴

Last-modified: Thu, 15 Feb 2018 01:06:45 JST (8d)

首藤大貴(しゅとう だいき)は、駿台予備学校化学科講師。SEG化学科講師。市谷校舎,柏校に出講。

経歴 Edit

  • 早稲田大学先進理工学部卒業
  • 東京大学大学院修士課程在学中

授業 Edit

  • まだ20代のため師が授業中に用いる例えは生徒に馴染み深いものが多く、理解しやすい。
  • よく延長するが、その分の休み時間は確保してくださり、次コマのチャイムが鳴ってから延長分の休み時間が終わるまでは雑談として勉強法やメンタル面の話をしてくださる。
  • 化学の体系的理解を重視し、講義メインで進められる。演習問題ばかりを解き進める授業には否定的。
    • 問題解説中心の授業でも、基礎の確認や発展的事項を多く取り入れていくため授業は延長しがち。だが、得られるものは多く無駄に延長しているわけではない。
  • 化学は暗記科目ではないということを前提に講義を進める。沢山のプリントが配られ、それに沿って授業が進む。
  • 高3クラスは、授業開始前に暗記テストと確認テストをする。かなりの良問が揃っていて、中にはそれを貯めて問題集替わりに使う人もいる。
  • 講義の場合、口頭で説明しながらプリントを進めるのが基本となるので適宜メモを取ると良い。
  • 丁寧に教えてくださるので化学が苦手な人でもきちんと復習していけば十分力がつくだろう。
  • 通期授業では基本予習がいらない。(高2)
  • 高3スーパー医系化学の無機化学においてはほとんど授業が無く、自習扱いとなっているが、師はどのようにしたら楽により簡単に覚えられるのかを数時間使って解説してくださる。(もちろん丁寧に施されたプリント付き)
  • 高3スーパー医系化学の有機化学においてはなかなかコマ数がない中でも、有機電子論の話を用いてこの反応はなぜ起こるのかなどの体系的理解を進める授業を展開する。
    • 高3スーパー化学とのカリキュラムは変わらないためおそらくこの授業スタイルは継続されるのではないかと思われる。但し、医学部医学科向けではない別の指導もすると思われる。

担当授業 Edit

通期

出講なし

人物 Edit

  • Twitterをやっている @dshuto_cham
    • 暗記テストを頻繁に呟いている。
  • 高校時代甲子園に出場した。
  • 大分県出身
  • 受験生時代は物理のほうが得意だった。
    • 化学は構造決定が大好きだったらしく、息抜きとして構造決定問題を解くほどだったらしい。
    • 高校生のころは物化生全てを勉強していた。
  • 特技はダンス。
  • 横山由依の顔が全人類の中で一番好き。横山由依とは同い年。
    • 誕生日は10月19日。2017年で25歳になった。
  • cannot help 〜ingと西野カナは授業で頻出。
  • 最近睡眠不足で、辺りが明るくなる頃に寝る模様。
  • 暗殺教室を(たしか)3日くらいで読破した。授業中にも暗殺教室を交えた雑談が飛んでくる。
  • 元カノに冷めたとの一言で振られたことがあるらしい。
  • 師は2年前までずっと坊主であったらしい。
    • 忙しすぎて切りに行く暇がないと仰っていた。
  • 2017年の冬期講習東工大化学で、中村雅彦師の代講でお茶の水校に出講する。
    • 師曰くお茶の水校で授業するのは初めてだから、楽しみだそう。
    • また中村師に頼まれるのは相当な実力者かもしれない。
  • 授業を受ければわかるが、次から次へと話が展開されるので頭の回転がよっぽど早い。
  • 講師室へ行けば質問はもちろん勉強法など様々なことを教えてくださる。
  • 「ふざけたおせ」とよく言う。
  • なお本人はここのwikiを熟知しているらしく僕のことはお茶飲みwikiみればわかるとおっしゃった。
  • 柏校の高卒クラス前期補講において、セルフハイグレードを超える5時間授業を展開し、これを超HGと自ら命名した。
  • 高IQ集団MENSAとHELLIQの会員
  • 来期から横浜校に出校する。担当は高3スーパー化学
  • ウェブサイトも所有している