今西晶子

Last-modified: Sat, 08 Dec 2018 02:59:31 JST (9d)

今西晶子(いまにし あきこ)は、駿台予備学校日本史科講師。1号館,2号館,池袋校,札幌校,東大進学塾エミールに出講。

経歴 Edit

  • 東京大学文学部卒業。
    • 入学時は理科一類であったが、進振りで文学部へ。
    • 師は「私はこの教科書で1行書いてあるかないかくらいのことを大学で専門にしていました(日本史前近代のテキストを持ちながら)」とおっしゃっている。
    • 高校1年から駿台の現役クラスに通い、大学時代は現役クラスクラスリーダーをつとめ、卒業後駿台の講師になった。

授業 Edit

  • 思想的にも授業展開的にも癖のある人が多い日本史科の中で癖のない万人受けする授業を展開。
  • 論述の添削を頼むと快く見て下さるなど、非常に面倒見のいい講師である。
  • 大木師と同様、高校の教科書をベースとして、歴史学の最新の研究成果を踏まえた講義を行う。
  • 私立にも国立にも対応した標準的なレベルの授業形態である。
  • 日本史が得意な人とそうでない人のそれぞれに合った学習方法を提示して下さる。
  • 基本的に板書が中心だが、後半は進度の都合上プリントを用いることが多い。
  • 頻出順に、赤、黄、緑の下線を引く。
  • 点線と傍線、波線を使い分けるが特に意味はないそうだ。
  • 授業はよく延長する。5分はざらで、20休みだと10分強延長することも。
  • 鐘がなると、『後二行、後二行』と仰る。
    • 鐘がなっても、話すスピードは全く変わらなく集中出来なくなりやすいが、長く受けていると慣れる。
    • 後二行が三行であることはザラで、四行であることもある。
      • 仰った+1、2行だと思っていよう。
  • 質問対応は非常に丁寧で、これでもかというくらい教えて下さる。
    • 生徒が待っていることも多々。
  • 授業で一つの単元がある程度終わると、「確認テスト」という穴埋め形式のプリントが配布される。

担当授業 Edit

通期

直前Ⅰ期
直前Ⅱ期

人物 Edit

  • 現役最上位の高3Sα日本史や、エミール日本史論述指導を担当する。
  • 毎週火曜日は、1~4限を札幌校で高卒クラスを担当し、9~11限ではお茶の水校にて高3スーパー日本史を担当するほど、多忙である。また、9限前では、2号館の講師室塚原哲也師とよく話をしている。駿台文庫から日本史 史料問題集を共に出しており、仲がいいようである。
  • 上記の授業一覧からわかるように、関東ではお茶の水校池袋校にのみ出講する(季節講習はお茶の水校のみ)。
  • 駿台教育セミナーという教員向けの講座も受け持っている。
  • 口癖は“うん”。よくこの言葉を発しながら授業をする。
  • 髪型はハーフアップで、首にスカーフを巻いている事が多い。
  • 風邪をひいている生徒にのど飴をあげることがある。
  • 日本史を受講していない生徒とも優しく雑談してくれることもある。
  • 喋り方がバーチャルYoutuberのミライアカリに少し似ている。
    • 声は女優の伊藤蘭さんに似ているとも。
  • たまにイントネーションが関西風になる。
  • よく聞くと語尾伸ばしていることが多い。
  • 「はい」の言い方がかわいい。
  • 趣味は、ハードロックやヘヴィ・メタルを聞くこと、夫婦で好きなバンドのライヴに行くこと、「ご当地キティ」集め、そして愛猫と遊ぶこと(著書のプロフィール欄より)。
  • 形容詞や名詞を独特の伸ばし方で話す。
    • 「ながーーい」「おーーきな」のように。
  • 語尾が「~だったんだな」ということがたまにある。特徴の1つである。
  • カップヌードルのチリトマトが大好きで、受験生の頃は毎日のように食べていたらしい。

著書 Edit

  • 教科書といっしょに読む日本史B[原始・古代](中経出版)
  • 教科書といっしょに読む日本史B[中世・近世前期](中経出版)
  • 教科書といっしょに読む日本史B[近代後期・近代前期](中経出版)
  • 教科書といっしょに読む日本史B[近代後期・現代](中経出版)
  • 日本史用語集ちゃーと&わーど (駿台受験シリーズ)(駿台日本史科との共著)
  • 日本史頻出わーど問題集 (駿台受験シリーズ)(駿台日本史科との共著)

ーー

Amazon




*1 2号館で実施