英語入試問題研究NM

Last-modified: Fri, 14 Jan 2022 06:13:20 JST (10d)
Top > 英語入試問題研究NM

使用コース Edit

監修講師 Edit

構成 Edit

  • 【1】~【7】
  • 補充問題1
  • 補充問題2
  • For Review
  • Appendix

概要 Edit

  • 医系入試用の研究教材。
  • かつては『英語研究NPM』という名称だった。

特徴 Edit

  • 高3スーパーα医系英語よりも難易度は高め。
    • NM教材は、近年の医学部の入試問題を中心として掲載されており、オリジナル問題はほぼない。
    • またNM教材は、船岡富有子師だけでなく、齋藤英之師も作成に関わっている。
  • 数題、東大コースの研究教材と被っている。
    • これについては、齋藤英之師曰く「俺の相方がよー。東大コースも担当してるからって予習すんのめんどくせーって。そもそも彼女はさー・・・」と愚痴っていた。
    • NM教材の船岡編集担当分は英語入試問題研究NTと同じである。
  • 横浜市立大の問題は必ずといっていいほど掲載される。
  • 適宜、新しい入試問題と差し替えられている模様。
  • 年度によっては、補充問題が掲載されていることもある。

授業 Edit

  • 船岡富有子師が担当だと、テキストの問題は全て扱い、テキストが全部終わって時間が余った場合は演習問題をプリントにして配り解説することもある。その代わり授業スタイル上、板書は殆どせずに口頭説明が主であり、授業の進行ペースがとても早く、授業内容を消化しきれないこともある。
    • しかし、2019年度は6割程度の問題しか扱わなかった。これは、きちんと構文を取った授業もやるべきと考えられたからであるようだ(クラスにより進度が違う可能性あり)。
  • 齋藤英之師が担当の場合、指名をしていくという師独特の授業展開の形式上、テキストは半分くらいしか終わらない。

担当講師 Edit

船岡富有子
市谷校舎 SA,SB,SE、横浜校SS、東日本映像(2020年度)

  • テキストの問題は全て扱い、テキストが全部終わって時間が余った場合は演習問題をプリントにして配り解説することもある。
  • 授業スタイル上、口頭説明のみで板書はほぼしないため、授業の進行ペースがとても早く、授業内容を消化しきれないこともある。

齋藤英之
市谷校舎 SC,SD

  • 授業展開の形式上、テキストは半分くらいしか終わらない。
  • 指名形式の授業なので、途中から人が減ってゆく。出席率は低い。
    • ヒデ難民のフナピー国への亡命(駿台市谷あるあるbot@sundaichigaya)
    • クラスによっては20人いるかわからないぐらいで、よく指名が回ってくる。

ーー

Amazon