吉成学

Last-modified: Sun, 19 Jan 2020 02:30:43 JST (246d)
Top > 吉成学

吉成学(よしなり まなぶ)は、元駿台予備学校現代文科講師。

経歴 Edit

  • 東京大学文科三類入学。
  • 東京大学工学部建築学科卒業。

授業 Edit

担当授業 Edit

  • 現代文II(赤) 
    • 池袋校 東大文系スーパー J組 1992年度
  • 現代文(赤)前期教材
    • お茶の水3号館 東大理系スーパー E組、F組 1993年度
      • G組、H組は稲垣師担当。
  • 現代文(茶)後期教材
    • お茶の水3号館 東大理系スーパー E組、F組 1993年度
      • G組、H組は稲垣師担当。
  • 現代文(緑)

人物 Edit

  • 西岡康夫師と同じ学科であると公言しておられた。
    • 授業中の雑談で結構西岡師の話題があった。ちなみに西岡師に関しては呼び捨てだった。(現代文の藤田師のことを藤田先生、二戸師のことは、二戸さんとおっしゃっていた。)
  • 札幌校開校時、札幌校にも出講していた。
  • 札幌校開校前の札幌特設会場での講習会にも出講していた。
    • 前期の講義中、夏期講習は札幌で受講しませんかとやたら宣伝していた。(数学秋山仁師、古文は関谷師、化学は三國師が出講すると話されていた。現代文に関しては僕なんで大したことはありませんがとも)
  • かつて北海道大学の青本現代文の解説も担当していた。
  • 50歳手前で亡くなられた。

著書 Edit

  • 『吉成の現代頻出問題』(学習研究社、1994年10月)

ーー

Amazon