太田豊明

Last-modified: Thu, 06 Apr 2023 01:33:21 JST (438d)
Top > 太田豊明

太田豊明(おおた とよあき)は、駿台予備学校古文科講師。1号館,自由が丘校,吉祥寺校,町田校,横浜校に出講。

経歴 Edit

  • 1961年神奈川県生まれ
  • 早稲田大学教育学部国語国文科卒
  • 早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程満期退学
  • 元 城南予備校古文科講師。
  • 現在、国士舘大学講師

授業 Edit

  • 暗記を重視する授業であるが、単語ごとに文節化するなど、重要事項を適宜丁寧に解説する。
  • 授業は少しゆっくり。古文が苦手という人でも授業についていきやすく、わかりやすい授業を行う。
  • 体系化された古文読解を目指し、そのための知識を鍛えることをお勧めしている。
  • 「これは文脈判断しかないよね〜」というフレーズを他の講師よりも多用するが、説明を放棄しているわけでは決してない。文法の解説も丁寧である。
  • 文法の説明をした後、口語訳を書く。
  • 授業では必ずタブレットを用いる
  • 雑談が無いため授業がどうしても単調になりがちである。
    • 難点は眠くなりやすいことくらいか。
  • 「~で、どうでしょう?」とよくおっしゃる。
  • 自前のプリントを配る。

担当授業 Edit

通期

直前Ⅰ期
直前Ⅱ期

人物 Edit

  • 最後の挨拶の「はい、じゃあ終わりま〜す」の後の礼の仕方が可愛い
  • ヘッドセットデビューをした時に、「多田先生に倣って使ってみました」と言っていた。その直後の授業で多田師が「太田先生がヘッドセットになったよねェ」とコメント。2人は会話する仲なのだろうか?
  • 体型はかなりの細身で、髪をオールバックにしている。
  • 若干のかすれ声の持ち主なので、最初は気になるが、徐々に慣れていく。
  • 授業が終わる度に「じゃあねー」と言って講師室に戻ることが多い。

ーー

Amazon