三平えり子

Last-modified: Mon, 29 Apr 2019 00:17:22 JST (21d)
Top > 三平えり子

三平えり子(さんぺい えりこ)は、駿台予備学校倫理科・論文科講師。1号館,2号館,8号館,立川校,横浜校に出講。

経歴 Edit

  • 九州大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。
    • 修士論文「直接指示論は指標詞を説明するか?」
  • 元日本学術振興会特別研究員(ポストドクター)。

授業 Edit

  • テキストに沿ったオーソドックスな授業を展開する。
    • 岩本佳久師のような倫理の奥深い講義はしないが、論理的な流れのしっかりした授業をする。そのためセンターのみ倫理を使う生徒からの評価は近堂秀師と並んで良い。
  • 適宜用語確認用の穴埋めプリントや復習用の問題プリントを配布してくださる。

担当授業 Edit

通期

直前Ⅰ期
直前Ⅱ期

人物 Edit

  • 専門は分析哲学。
  • 旧姓樋口。
  • それなりの年齢だと思われるのだが生足だったりミニスカだったり服装がヤングである。
    • 1994年頃に大学院在籍なので…
    • 論文の授業でそんな服装のときに限って設問が15才の少女に個性を教えるという題材であったので、師が15才の少女になりきるというある意味奇跡的な状況が生まれたことがある。
  • 学研から『聴くだけ 倫理』『聴くだけ 倫理、政治・経済』という参考書を出している。
    • これは倫理の参考書に、本文を読み上げた音声を付したもので、内容も比較的詳しく、耳から学習できる数少ない参考書であるため、好評である。
  • 駿台のパンフレットの講師紹介欄には若かりし頃の写真が掲載されており、若い美人講師を期待する者が後を絶たない。
    • 最近の人には十中八九伝わらないが、森高千里に近いファッションをしているかのようにも思える。
  • 滑舌が悪く、特に「す」が「せぅ」に聞こえる。人によっては「th」に聞こえる人もいる。
    • 舌ったらずなしゃべり方である。
  • 語学力が高いらしく、青土社の現代思想に翻訳を何回か掲載している。

著書 Edit

学習参考書 Edit

  • 『倫理 用語集 ちゃーと&わーど(駿台受験シリーズ)』(三崎和志岩本佳久・大内豊久・近堂秀三平えり子 駿台文庫、2008年2月26日)
  • 『センター力UP! はじめからわかる 倫理』(三平えり子 学習研究社*1、2008年9月24日)
  • 『聴くだけ 倫理』(三平えり子 学研教育出版/学研マーケティング*2、2012年7月25日)
  • 『聴くだけ 倫理、政治・経済』(大塚哲・三平えり子 学研プラス、2015年10月14日)
    • 上記の合本。

ーー

Amazon




*1 現・学研プラス
*2 現・学研プラス