一橋大世界史

Last-modified: Sat, 16 May 2020 13:04:02 JST (58d)
Top > 一橋大世界史

目標大学 Edit

  • 一橋大学

テキスト Edit

  • テキスト作成者は渡辺幹雄師。
  • 夏期は、例題の他、出題傾向等の詳細な分析や地図などの資料も掲載されている。
  • 冬期は、実戦問題(実戦模試の過去問)のみ掲載されている。
  • 冬期は、授業時に別冊「一橋世界史 実戦問題のフローチャートと解答・解説」が配布される。テキストのようにつくりはしっかりしている。100ページ以上のボリュームがあり、フローチャートと解説、模範解答例がこれでもかとばかりにかかれている。
    • 正直、実戦模試の解説よりも丁寧である。一橋志望は夏期、直前よりも優先してこの講座を取るべき。

授業 Edit

  • 日本史とは違い、テスト演習はない。
  • 一橋の世界史は非常に独特で傾向がはっきりしている。この講座のような的をしぼっての対策は有効である。
  • 夏期は、第Ⅲ問(アジア近現代史)については軽めの扱い。

担当講師 Edit

渡辺幹雄
お茶の水校立川校を担当。

  • 授業で扱う問題のみならず、関連する過去に出題されたテーマについても適宜解説する。
  • 夜コマの場合、セルフハイグレード化する。
  • 昼コマでも、次のコマ(師担当の「東大世界史」)の開始時間まで授業を続けたこともあった。
  • 冬期では、実戦問題を通し、高校や予備校の授業・ノートに立ち返るという作業の必要性を強調される。
    • それゆえ、高校や予備校のノートの持参を勧めている。
  • 普段授業を取っていない現役生に向けては、チェックリスト等を配布してくださることも。

松山仁史
お茶の水校を担当(夏期のみ)。

鵜飼恵太
横浜校を担当。

  • 知識の確認やフローチャートなどをまとめたプリントを配布される。
  • テキストの問題に加え、補充問題を扱うことも。

ーー

Amazon