西間木裕

Last-modified: Mon, 04 Sep 2017 11:00:49 JST (47d)

西間木裕(にしまぎ ゆたか)は、駿台予備学校英語科講師である。2号館,大宮校に出講。

経歴

  • 埼玉県立浦和高等学校
  • 東京大学英文科卒。

授業

  • 細かい文法事項の確認ができて分かりやすい。
  • 授業中に「これができなかった君は〜」「こんなものもわからないそこのお前は〜」等、まるで個人に語りかけるような話し方をするが、あくまで全体に向かって話しかけている。
  • 英作文担当が多い。
  • 寝ている生徒にはチョークを飛ばすこともある。
  • チョークを飛ばした後ドヤ顔でいたがチョークが当たったのは寝ていた生徒の2個前の3個左の生徒だったことがある。寝るとドヤ顔で神なるノーコンを披露してくださるが、寝ている生徒にではなくそれ以外に迷惑がかかるので寝ないように。
  • 師曰く、プロの板書。
  • 「ラーメンの大盛」や「ケン◯ッキーの具材」といったユニークな表現を用いる。「ラーメンの大盛」は「くどい」という意味。
  • 師の授業では、度々"悪魔"が登場する。
  • それでは元気に挨拶しましょう おはようございます で授業が始まる。
    • 声が小さいと「元気が足りない!」ということでやり直しになることがある。
  • 特に後期の授業はビジネスライクに行われる。
  • 授業は主に和文英訳を担当し、受験生が間違えるポイントを指摘しながら授業を展開する
    また、かなり丁寧な板書(色使い等)のため進度は遅めである
  • 文法事項の補足説明をいれることもある(付帯状況や比較など)
  • 和文英訳では、テキストは持って来ず、チョークのみ持って来て授業をする、

担当授業

通期

春期講習

夏期講習

冬期講習

直前講習

直前Ⅰ期

出講無し

直前Ⅱ期

出講無し

人物

  • スレでの愛称は「マギマギ」
  • 自称厳しい講師らしい。厳しいというより、ただ説教じみた授業展開をするだけな気がする。
  • 厳しいお言葉は愛情の裏返し(でもたまに伝わらないこともある)
  • 師曰く、「あと1点足りなくて落ちても、一点も取れず0点で落ちても変わりはない。同級生にそう言って現役時代すごかったんだぜアピールしてるやつがいたら目の前で思いっきり笑ってやれ。」
  • いつも同じ服装で、にやけながら教室に入ってくる。
  • どこを見てるかわからない。
  • 色んな意味で怖い講師。何をするかわからないとまで言われることもあるが、質問に行くのを躊躇したりする必要はない。丁寧に教えて下さる。
    • 英作文を教えることが多いせいか質問する人が多い。
  • かなり毒舌である。
  • 口癖は「戦場から逃げるな」「ほらまた僕に聞こうとする〜。君たちはポケットの中に5万円入ってないんだろ?」(現在は3万円に値下げされた)
  • スマートな勉強を推す
  • 「スマホっといて」とよく口にする
  • 胸ポケットにサングラスをぶら下げている
  • 師曰、時給はマック10人分らしい
  • 大学生時代は家庭教師のバイトで当時のサラリーマンの初任給ぐらいを月に稼いでいたらしい
  • パンフの写真を見ると若手講師に見えるが、昭和61年初版の前主任講師 高橋善昭師の著作「英文読解講座」に校正協力で名を連ねていることから、駿台講師歴30年のベテラン講師の一人である。
  • かなり時事ネタにも精通しており、雑談は時事ネタが主である。