東大英語/冬期講習

Last-modified: Tue, 12 Sep 2017 00:23:32 JST (11d)

設置校舎 Edit

テキストについて Edit

  • テキストは全39ページ。要約2題、英作4題、文補充2題が掲載されている。

授業について Edit

  • 要約、作文、文・パラグラフ補充のオリジナル問題を扱う。リスニングと英文和訳は扱わない。
  • 最初の3日間は講義+小テスト。小テストのタイミングは講師によって異なる
  • 最終日は50分のテストと解説。
  • 同講座の各講師の出講校舎ならびに特徴を下記に記載

大島保彦
お茶の水校,大宮校を担当。

  • 2016/2017年冬期講習では3号館41号・61号教室がひとつの空きも出ないほどの人気講座である。
    • 東大英語って頭疲れるんだな!busyって感じ」
  • 最初から3日間は2限目の終わりに小テストを実施する。
  • テキストの作成意図まで含めて講義を行う。

斎藤資晴
お茶の水校横浜校あざみ野校池袋校吉祥寺校を担当。

  • 極めてオーソドックスな講義を行う。英語が苦手な人は大島師より受講効果が高くなることは言うまでもないだろう。

武富直人
お茶の水校を担当。

増田悟
津田沼校を担当。