東工大入試実戦模試

Last-modified: Sun, 15 Aug 2021 23:35:29 JST (62d)
Top > 東工大入試実戦模試

試験概要 Edit

  • 2021年度は実施されない。以下2020年度までの情報である。それに伴い、2022年度入試対策の青本の収録が過去3年分に減量となった(2021年度入試対策用までは過去5年分)。
  • 後期開始から約2ヶ月後に1回のみ行われる(ここ最近は、10月下旬に実施)。受付は毎年9月1日から。
  • 基本は、一橋大入試実戦模試と同一日に開催される(1990年代からずっと続いている)。余談だが、かつては模試の案内の申込用紙は「東工大/一橋大 入試実戦模試」と一括(河合塾のオープンでは現在でもこの書式を採用)されており、申込書に一橋大か東工大かを選択する欄が有った。
  • この時期はまだ高卒と現役の差が大きく見られるが最後まで諦めないこと。
  • 理科物理化学)ではまだ授業で扱ってない範囲を載せる場合は問題文に説明が書かれていることがあり簡単になることもある。(2015年度は全体的に易しかった。)
  • 第1回駿台・ベネッセマーク模試とのドッキングでの結果も出る。

各教科出題範囲 Edit

英語 Edit

数学 Edit

  • 数学Ⅰ/A/Ⅱ/B/Ⅲの全範囲。
  • 問題作成に若月一模師が関わっている。
  • 割と標準問題が含まれている。
  • 3時間という長丁場なので、トイレは事前に済ませておくこと。

物理 Edit

化学 Edit

  • 化学基礎・化学の全範囲からの出題。
  • 問題作成は中村雅彦師、早野益代師。
  • 各問自体は平易だが、満点近く取るにはかなり注意して解かねばならない。

2015 Edit

  • 受験者数3446名

平均点 Edit

英語 44.8/150
数学 112.0/300
物理 66.6/150
化学 41.7/150

ーー

Amazon