飯塚敏夫

Last-modified: Thu, 21 Oct 2021 01:52:58 JST (44d)
Top > 飯塚敏夫

飯塚敏夫(いいづか としお)は、駿台予備学校漢文科講師。横浜校,千葉校に出講。

経歴 Edit

  • 早稲田大学文学部卒業。
  • 筑波大学大学院博士課程修了。
  • 北京語言大学に留学し、中国政府招聘大学講師。
  • その後、十文字学園女子大学などの非常勤講師を経て、2017年度より佐野日本大学短期大学非常勤講師。
    • 「日本語I」「日本語II」担当。

授業 Edit

  • 毎回、「満席のご来校、誠に有難う御座います。」と言ってから授業を始める。
    • たまに、「ご来店」と言うこともある。
  • 中国の歴史や文化に関する雑談が非常に多く、半分近くが雑談で潰れてしまうこともある。
    • 前期ではそれを聞いていた生徒も、後期になると焦りを感じて授業を切ってしまうことも多い。
    • 日本の曲の中国語バージョンの歌詞を配り、授業中に流すこともある。
      • 「やさしさに包まれたなら」やスピッツの「空も飛べるはず」の中国語版を流した。ちなみに、後者は「偏偏愛上洋葱(どうしても玉葱しか愛せない)」と言う曲で、スピッツの許可を取っていないパチモンとのこと。(詳細はwikipediaを参照)「これ草野(作詞者)が聞いたらどう思うんだろうな」

担当授業 Edit

通期

出講なし

出講なし

出講なし

直前Ⅰ期

出講なし

直前Ⅱ期

出講なし

人物 Edit

  • 駿台に多い、大学との兼任講師。
    • 研究テーマは「シンガポールの言語政策」
    • 論文は『シンガポール地名に見る中国語方言音の影響』『シンガポール華語語彙における日本語の外来語』など。
    • それゆえにパンフレットに記載がない。久山道彦師や甲斐基文師と同じである。
    • 季節講習は一切担当しない。
    • 大学で中国語を教える傍ら、長期休暇にはシンガポールの大学で日本語を教えているそう。
  • 生徒間の知名度は皆無だが、駿台教育フォーラムに幾度も掲載されているので講師間では名が通っている模様。
  • 元々は早稲田予備校の看板講師。
    • 過去には早稲田予備校、代々木ゼミナールでも教鞭を取っていた。むしろ早稲田予備校講師として著名だった。
    • キョンシーや京劇の衣装で講義に臨むパフォーマンスが有名だった。
  • 著書多数。
    • 古文の参考書も出しているいた。
  • 「慶應高に行きたかったのだけど、金がなくて無理だった。行ける実力はあったんだけどね。」と仰っていた。
  • 千葉県在住。

ーー

Amazon