物理SN

Last-modified: Wed, 03 Mar 2021 08:36:54 JST (233d)
Top > 物理SN

使用コース Edit

以下のコース(クラス)で後期に使用。

監修講師(テキスト作成者) Edit

 森下寛之

構成 Edit

後期Part1後期Part2
§1-7 磁束密度§2-7 熱力学(2)
§1-8 電磁誘導§2-8 質点系の力学
§1-9 過渡現象と交流§2-9 剛体のつり合い
§1-10 半導体§2-10 万有引力下での運動
§1-11 幾何光学§2-11 前期量子論
§1-12 波動光学§2-12 原子核
  • 物理Sと基本フォーマットは変わらない。

特徴 Edit

  • 後期から用いられる教材で、東大京大を除く旧帝大、早慶理工、私大医学部などがターゲットである。
  • ちなみに前期は物理Sを使用。下位スーパーコースで後期から切り替えられる。
  • 物理Sから数題差し替えたり、小問の数が変わっていたりするが、実質物理Sでやる内容と大差がない(これに関しては後期の数学N教材と同様である)。
  • そのため上記のコースに出講している講師は、問題によってはこのテキストと後期の物理Sのいずれかを持ってきて授業する。
  • 物理Sで固定ならば網羅性を考えてそちらの方が無難。
  • 普段から「物理S」を使う授業を多く行っている高橋法彦師は一部問題をSテキストに載っているものと断った上で追加問題として補充してくださる。同様の講師も多いのではないだろうか。

ーー

Amazon