東大プレ化学演習

Last-modified: Mon, 04 Feb 2019 17:06:58 JST (525d)
Top > 東大プレ化学演習

設置校舎 Edit

お茶の水校横浜校オンデマンド

テキスト Edit

テキストの編者は中村雅彦、テストの作成者は吉田隆弘(2018年度)

  • 周期表
  • 予想問題6題(授業で解説を行う)
  • 過去20年の出題内容
  • 分野別過去20年の問題の概略と傾向分析
  • 直前 重点攻略ポイントCheck問題

授業 Edit

  • 初日はテキストに掲載されている模擬問題の解説、2日目は演習テスト(75分)が行われる。
    • 2017年度までは、授業時間中に演習は行わず、2日間全てがテキストの解説に充てられていた。
  • 解答例は配布されるが、テスト答案の回収や添削はなされない。
  • テストについては本番よりもやや簡単か本番と同じくらいの難易度
    • 他教科同様、他大学の過去問や過去の東大実戦などから出題されている
    • 中村師は「40点とれればまぁまぁ、欲を言えば50点とれるくらいにはなってほしい」とおっしゃっていた(2018年度)
  • 3時間で6題解説のため、ハイペースで授業が展開される。そのため、知識問題や基本問題の解説はさらっと行われたり、授業内で基本事項をもう一度確認することはほとんどなかったりする。

担当講師 Edit

  • 以下に担当講師と出講校舎を掲載する。

吉田隆弘
お茶の水校横浜校オンデマンドを担当。

増田重治
お茶の水校を担当。

中村雅彦
お茶の水校横浜校を担当。

高野辺康介
お茶の水校を担当。2016年度まで担当していた細川豊の後任。

ーー

Amazon