山崎正人

Last-modified: Fri, 07 Oct 2022 13:06:55 JST (618d)
Top > 山崎正人

山崎正人(やまざき まさと)は、駿台予備学校英語科講師。1号館,池袋校,大宮校,柏校に出講。

経歴 Edit

  • 東京都立大泉北高校卒
  • 立教大学法学部法学科卒
  • 立教大学大学院文学部英米文学科卒
  • 東京都立大泉北高等学校卒業。
  • 立教大学法学部法学科卒業。
  • 立教大学大学院文学部英米文学科卒業。

授業 Edit

  • 「固めるかける並べる」がモットーであり、節の理解を大事にする。
    • 高1スーパー英語では構文の取り方をマスターできるので、基礎固めの高1の授業としてはいいかもしれない。
    • 文法も理解中心で、わかりやすい。
  • パラグラフリーディングでは、表現リレーを大事にする。
  • 声が小さい。
  • 例文集のようなプリントを多量に配り、それを活用して授業を展開していく。
    • プリントは知識を整理する確認用の資料である。理解するためではない。理解は英文法H/英文法Sでしっかりとする方がいいだろう。
    • 後期末に配られる前置詞のプリントはなかなかエグい。意味、用法、例文が大量に載っている。
    • 文法書のようである。
  • 英作文(和文英訳)の授業では文法の概論をしてから解答例を書き上げて、表現の説明や注意点の解説を行う。
    • 複数の解答例を示す。
  • 頬杖をついている生徒や、寝ている生徒には説教なさる。生徒が授業に集中するようにという師の配慮である。
    • 後期になるとより一層授業態度について言及するようになり、集中してないように思われる生徒は名指しで注意されたり、授業を退室するように促されることがある。もちろん集中していない生徒が悪い。
  • よく生徒を当て、答えられないといびる。
    • クラスによって異なる可能性があるものの、現在指名はほとんどしていない。(2022年時点)
  • 例え話にはよく「担任」、「学級委員」、「クーポン券」、「サッカーのチーム」といったワードを使う。
  • 英米文学科出身なのもあり、アメリカやヨーロッパの歴史や文化をよく話す。それらの話から英単語の成り立ちを話してくださることもある。

担当授業 Edit

通期

直前Ⅰ期

出講無し

直前Ⅱ期

出講無し

人物 Edit

  • 見た目が関正生先生に似ている気がする。
    • 授業スタイルは似ていない。
  • 案内に載っている写真とのギャップが激しい。
  • 服装のせいか若く見える。
  • 眼鏡をかなり下の方で掛けている。
  • 授業は謙虚にしっかり前を見たりしながら、積極的に受けるように仰る。
    • 受けなくてもいいのだから、受けるならしっかりと仰る。
    • 前方であまり集中しておらず、注意を受けた生徒もいる。
      • と仰る割にはあまり前方の生徒以外とは目を合わせない。
  • 発音が特徴的。
  • あまり笑顔を見せないが、授業中ハエにしつこく纏わり付かれた際は困惑気味に苦笑していた。

ーー

Amazon