松永晃明

Last-modified: Sun, 20 Nov 2016 09:31:26 JST (161d)

松永晃明(まつなが てるあき)は、駿台予備学校化学科講師。横浜校藤沢校町田校池袋校を中心に出講。

人物

  • 東京理科大理学部卒業。
  • 代官山メディカルでは節田佑介とともに化学科を担当している。
  • 三門恒雄と共著で本を出している。
  • 全国入試問題正解(旺文社)の解答者・校閲者。

授業

  • 担当コースがメディカル系コースが多い。教え方にクセはないが色々と批判の多い講師である。
  • 問題解説をする際基本的に口頭で進め、問題解説では必要最低限の反応式や図しか書かない。
  • 板書は字が大きく見やすいが、反応を見せるために反応式を書いてるだけで、板書をうつしてもあまり意味は無い。説明上本当に最低限の板書であり、メモ書き程度・参考程度にしかならないので、話を聞くことに集中しよう。
    • しかし話もボソボソしゃべるため何を言っているかわからない。さらに口頭での説明もわかりやすいという訳では無い。
  • また、授業中の口調は生徒を小馬鹿にしている口調が多い。
  • S教材を使う際にS教材は問題解説のみに使い、基本的にH教材のコピーを使う。
    • これに対して「なぜS教材を担当しているのか」「S教材の解説をしないのならば授業に出席する意味がない」などの批判が多い。
  • また、解説のプリントはわかりやすいがこれも他テキストのコピーがほとんどである。
  • 遅刻や睡眠に厳しく遅刻するとその生徒を皮肉ったり説教したり、寝ている生徒を見つけると授業を中断して大声で説教を始める。
    • 当然寝る方が悪いが、如何せん眠くなりやすい授業なため眠くなったら自習室で休むなど各自失礼のないようにしよう
  • また、授業終了が近い時に時計を見たりすると怒られる。
  • 質問で授業のことを聞くと「聞いてなかったのか?」のように返され質問に答えてもらえないこともある。ただし質問しに来る生徒が少ないと逆に授業で、「ちゃんとわかっているの?」と皮肉られたりすることも。
  • 師の授業を受ける人は成績が伸びにくいと師本人が仰っていた。
  • 以上の授業内容、人間性、質問対応という点で批判が多いので講習会などはあまりお勧めできない。また、通期では内職したり切る人が多い。