筒井正明

Last-modified: Sun, 09 Dec 2018 00:27:06 JST (5d)

筒井正明(つつい まさあき)は、元駿台予備学校英語科講師。文学者。翻訳家。現 明治学院大学名誉教授。

経歴 Edit

  • 1943年3月26日生まれ。
  • 東京府東京市(現在の東京都江東区)生まれ、大分県大分市育ち。
  • 東京大学文学部英文科卒業。
  • 東京大学大学院文学研究科修士課程修了。
  • 東京大学文学部英文学科助手、中央大学法学部助教授を経て、明治学院大学文学部英文学科教授。
  • 現 明治学院大学名誉教授。

授業 Edit

  • 授業形態としては生徒に黒板に訳を書かせて添削するスタイルもとっていた。
  • 師の授業は行間を読むセンスを鍛える授業であった。
  • 口が悪い部分もあったが、人間味があり受講生の心を打ち感動する者も少なくなかった。
  • 通期の英文解釈教材CHOICEは特に名講義として名高かった。
  • 『大学入試 英文解釈 その読と解(駿台受験叢書→駿台受験シリーズ)』(駿台文庫、1987年 絶版)で、その講義の一端を垣間見られる。

担当授業 Edit

通期 Edit

季節講習 Edit

人物 Edit

  • アメリカ文学研究者。翻訳家。
  • 駿台の黄金期代表的講師の一人。
  • 「静の奥井、動の筒井」と並び称された。
  • 奥井潔師には、長内芳子師とともに“若手”と称されていた。
  • 非常に歯切れの良いさっぱりとした語り口
  • 例年、市谷校舎に出講して、CHOICEを担当していた。
  • 一橋学院にも出講していた。
  • 『英語教育』(大修館書店)に「英文解釈演習室」を連載している。
    【参考文献】
  • 筒井正明(2017)「駿台には、『チョイス』がよく似合う(百周年記念号)」, 駿台教育研究所編『駿台教育フォーラム』第31号, pp.183-196, 2017-08, 駿河台学園駿台予備学校.

発言集 Edit

  • 「これは、東大の2次試験で出題された文章ですが。見ての通り難しい単語もないですが、上手く訳せなかったでしょ。君たちは、今日からこの文章を上手に訳せるようになるための勉強をします。それがこの講義での目標です。」
  • 「この講義は,最終講義の,そのまた最終」
  • “Count your age by friends, not by years.”

著作 Edit

学習参考書 Edit

  • 『大学入試 英文解釈 その読と解(駿台受験叢書)』(駿台文庫、1987年)
  • 篠崎書林からも二冊、マイナーな学参を出している。

一般書 Edit

  • 『真なる自己を索めて―現代アメリカ文学を読む』(南雲堂、2009年)
  • 『本格派のための 「英文解釈」道場』(大修館書店、2010年) 
  • 『続・本格派のための「英文解釈」道場』(大修館書店、2017年)

翻訳書 Edit

論文 Edit

ーー

Amazon