杉山義明

Last-modified: Tue, 13 Dec 2016 09:56:40 JST (311d)

杉山義明(すぎやま よしあき)は駿台予備学校数学科講師。関西の講師。詳しくは駿台大阪校WIKI

経歴 Edit

  • 香川県出身。
  • 京都大学理学部卒業。

人物 Edit

  • ひげ面に硬く濃いショートヘアの中年。関西弁で講義。見た目は工事現場のおっさんである
  • 駿台全国模試の作問も担当している。
  • 在住の京都で自身の塾(杉山塾)を経営している。

授業 Edit

  • 関西数学科の超人気講師。駿台関西数学科四天王(他は米村、吉岡、三森の各師)の一角。
    • 講習の締切講座数は関西では最も多い講師の一人である。
    • 後述するように、授業で示される解法はまねしやすいものであり、かつ説明も2度してくれるので、受講生は「わかりやすい」「(定石を習得して練習すれば)自分にもできそうだ」という気持ちになり、くわえて見た目やしゃべり方に愛嬌があり、生徒からの人気はとても高いとのこと。
      • 関西の駿台では、奥深い数学の世界を見せてくれる代表が米村師で、受験に直結するわかりやすい授業をしてくれる代表が杉山師、ということのようである。
  • ハイレベルな講座でも基礎(基本となる公式・解き方のまとめなど)から説明してくれる(時期にもよるが)。
  • 問題の解き方は華麗な方法ではなく、「すべての問題を定石に結びつけて解く」「完全にチャート化された解法」とまでいわれる生徒目線の解き方(まねしやすいもの)である。
  • 一題に対して別解を幾つも示してくれる。別解も定石に結びつけたものが多く、1題からいろいろなことを学ぶことができる授業を展開してくれる。
  • 2段階にわけて説明する授業スタイルを取る。
    • その問題で必要とされる知識や定石の紹介・それらをどう使ってどう具体的な問題にアプローチするか・解答はどういう流れになるかなど、その問題の要点を一通りまず説明し、その上で解答を板書していきながらふたたび説明するスタイルである。
  • 師の映像授業のテキストには、授業で扱う各問題の考え方や解き方のポイントをまとめた要項や授業で扱う問題に関連した小問集合もついていて、とても学習しやすい。
  • 最初の概略の説明では板書はラフだが、2回目の説明の際の板書はとてもきれいである。
  • 数学以外のことは殆ど喋らず雑談等もしない。
  • 関東では映像講座やスーパー京大実戦講座、京大突破レクチャーで師の授業を受講できる。