福間智人

Last-modified: Wed, 06 Mar 2024 13:46:05 JST (74d)
Top > 福間智人

福間智人(ふくま ちひと)は、弁護士。元駿台予備学校化学科講師。

経歴 Edit

  • 1971年、大阪府生まれ。
  • 1990年、東大寺学園高等学校卒業。
  • 1990年、東京大学教養学部(前期課程)理科一類入学。
  • 1996年、東京大学教養学部基礎科学科第一学科卒業。
  • 1997年、東京大学大学院総合文化研究科中途退学。
  • 2003年、旧司法試験合格。
  • 2004年、最高裁判所司法修習所入所。
  • 2005年、最高裁判所司法修習終了(第58期)。
  • 2005年、弁護士登録。
  • 2011年、福間智人法律事務所開設。

授業 Edit

担当授業 Edit

通期 Edit

講習 Edit

人物 Edit

  • 駿台在籍中は鎌田真彰師と共に若手の人気講師であった。
  • おだやかな人柄で質問対応もとても丁寧だった。
  • 鎌田真彰師とは仲が良かったそうだ。
  • 高校時代は名うての秀才だったらしい。
  • 大学時代一人暮らしで遊び過ぎた結果、留年を2回経験、親に仕送りを止められアルバイトで講師業へ。
    • 大学院の学費を払って自活する為に駿台予備学校化学科講師に。しかし、指導教員に学問か予備校講師どちらかにすべきと言われ、自活を優先し大学院を辞める。
  • その後、講師業の傍ら司法試験に合格し、駿台を離れた。
    • 講師業が多忙を極めたため、他と兼業して駿台のシフトを減らしたかったとのこと。弁護士を選んだのは「弁護士なら駿台と兼業できそうだし、試験が得意な自分なら合格できるかも」と考えてのことだったが、実際には駿台との兼業は難しく弁護士一本に絞った(外部リンク参照)。
    • 橋爪健作師「福間先生は、司法試験を受験すると宣言してからあっという間に合格していました。バリバリの理系で、予備校で授業しながらの受験だったんですが…。スゴスギ」*1
  • 2011年度のみ一時的に復帰し、現役生の高2スーパー化学を担当していた。

著書 Edit

  • 『福間の無機化学の講義(大学受験Doシリーズ)』(旺文社)
    • 2024年現在でも改訂されながら発売されている(2024年4月に五訂版が発行予定)。
    • 福間師が現場を離れて久しいからか、2019年発行の四訂版からは鎌田真彰師の監修が入っている。
  • 『忘れてしまった高校の化学を復習する本』(中経出版)

関連リンク Edit

ーー

Amazon