完答を狙うセンター地理Ⅱ〈難問編〉

Last-modified: Fri, 08 Jan 2021 15:46:12 JST (14d)
Top > 完答を狙うセンター地理Ⅱ〈難問編〉

設置校舎 Edit

テキスト Edit

  • テキスト監修は阿部恵伯師。
  • 資料編、系統地理的分野、地誌的分野、自習問題、高得点へのポイントチェック、解答で構成されている。
    • 資料編には、出題分野・出題形式・出題資料・出題観点・平均点・正答率50%未満問題一覧が載っている。
  • テキストの問題は全て過去問
  • 発展編と問題数はあまり変わらないが、2倍の厚さがある。

授業 Edit

  • 全ての講座が6コマで展開される。3コマ×2日の場合と、6コマ×1日の場合とある。
  • この講座は基本がすでに分かっていることを前提に、インプットした知識の運用方法・解答へのアプローチを学ぶ講座。
    • 東大などの2次試験の記号選択問題の対策にもなる。
  • 本番の正答率39%以下の問題を扱う。
    • 仮にこのレベルの問題が本番で一問も解けなくても、それ以外の問題が全て正答できれば80%を超える。もし模試などで70-80%を下回るならば発展編を受講しそのレベルを固めた方が良いだろう。
  • このレベルの講座は冬期のみ。
  • テキストは過去問であるが、解き方や関連知識に加え、今後どういう問題が出題されうるか、ということにも触れられる(プリントで問題が補充される場合もある)。FAなどには標準的な問題が多いので満点近くを狙うなら最も効果的であろう。

担当講師 Edit

阿部恵伯
お茶の水校市谷校舎横浜校を担当。

宇野仙
お茶の水校大宮校仙台校を担当。

  • いつも通り補充プリントを配布する。
    • 基礎知識、統計、類題などが載っている。類題は授業中に扱い、アプローチの確認をする。

緑川明宏
お茶の水校を担当。

ーー

Amazon