奥津茂樹

Last-modified: Thu, 28 Mar 2024 12:53:14 JST (79d)
Top > 奥津茂樹

奥津茂樹(おくつ しげき)は、駿台予備学校論文科講師。お茶の水校,市谷校舎,仙台校,札幌校に出講。

経歴 Edit

  • 1960年、神奈川県平塚市生まれ。
  • 神奈川県立平塚江南高等学校卒業。
  • 明治大学卒業。
  • 明治大学大学院法学研究科公法学専攻修士課程修了。
  • 1990年、駿台予備学校講師。

授業 Edit

  • アクティブラーニング講座を担当するなど、駿台で先進的な取り組みをしている。
  • 生徒が講師と同等の立場で授業ができるように付箋を配り、質問を書かせ休憩時間中に黒板のジャンル別に分けられたスペースに貼らせる。そして貼られた付箋をラジオのお便りコーナーのようにクラス全体で紹介しながら質疑応答を行う。
    • 手を挙げて質問がしにくい生徒にとっては匿名で質問できるだけでなく、質問を全体で共有できるという利点があり、本人もそれを狙った上で行っている。
  • 講習ではサンプル答案として生徒の答案を添削してくださる。最初に添削されるものほど酷評されやすい。
  • 講習中、添削のお願いは過剰サービスとして拒否されるので、注意されたし。
    • 2023年度は通期の授業の前後に15分程度の個別指導の時間を設け、Formsで募集した。人が少なければいくつも論文を見てくれる。講習期間中でも持っていけば論文を見てくれる。
  • 本人曰く論文の「添削」という言葉をあまり使いたくないらしい。師は論文の「アドバイス」と称して論文を読んでくれる。
  • 論文対策一般にも言えることだが、師の授業もいきなり効果の出るものではない。講義と実践の繰り返しを丁寧に行うことででようやく何かつかめてくるものがあるだろう。本気で論文が必要な人は安易に切ったりしてはいけない。師自身が公務員試験の論文の採点を行ったりもしているのでしっかりついていけば間違いのない論文対策ができるだろう。
  • 駿台論文科に言えることだが、ゼロから小論文の書き方を教えることはない。
    • 初心者が中級者に、中級者が上級者になるための授業と捉えるのが良い。
  • 慶應法の青本を長年執筆。本人曰く30年やってるとのこと。慶法小論文に日本一詳しいと言って差し支えないだろう。

担当授業 Edit

通期 Edit

オンデマンド
  • 総合型選抜対策-入門-

春期講習 Edit

オンデマンド
  • 総合型選抜対策-入門-

夏期講習 Edit

冬期講習 Edit

直前講習 Edit

人物 Edit

  • 講演・論文採点など色々な方面で活躍しているよう。
    • 本業を何かと聞かれると、活動が多岐にわたるため、答えかねることが多い。無しょk...
    • 論文著作が多いと授業によく言うことからあらわれるように、上記のように小論文の講師として非常に頼もしい。論文といっても、雑誌のコラム程度のものだか
  • 論文の模範解答をなくしたいと思っている。
  • 師自身に関する話を繰り返し何度も話すのでややうんざりする人もいそう
  • 推薦やAOの相談などにものってくださる。
  • 人当たりがものすごく良い。

ーー

Amazon