吉田和真

Last-modified: Sat, 11 Jul 2020 13:10:52 JST (30d)
Top > 吉田和真

吉田和真(よしだ かずま)は、駿台予備学校公民科講師。1号館,立川校,町田校,大宮校,横浜校,藤沢校,柏校に出講。

経歴 Edit

  • 元・読売新聞解説委員

授業 Edit

  • 授業中に飛び出すギャグで教室が湧くことが度々ある。経済分野の授業をしている時の方が多い傾向にある。
  • 一橋大学・信州大学など政治経済の論述を課す大学を受ける人は添削をお願いするとよい。とても丁寧に添削してくださる。また、次の課題を出してくださる。
  • 時事問題について、新聞記事をスクラップしたものを配布してくださるので、細かいところまで手が行き届いている。
  • 英語を多用されるので、英語の勉強にもなる。
  • 資料や問題プリントを配布する。
  • オンデマンドの授業では、板書は基本マグネットを用いて行う。時折突然よく分からない架空の人物名を使って例を出される。

担当授業 Edit

通期 Edit

春期講習 Edit

夏期講習 Edit

冬期講習 Edit

直前講習 Edit

直前Ⅰ期
直前Ⅱ期

人物 Edit

  • 上記の通り、予備校講師になる前は新聞記者だった。
    • その際の執筆記事は日本財団図書館で閲覧可能*1*2
  • ”and”や”but”など、時々英語を混ぜて説明をする。
  • 本名が『吉田 ロドリゲス 和馬』だと推測される発言が見られた。
  • 用務員さんには少しきびしい面が垣間見えたことがある。
  • ケンブリッジ飛鳥と同じ誕生日である。
  • 選挙に行かなかったことは一度もないらしい。
  • たまに大阪のおばちゃんになる時がある(裁判所の解説の際など)。
  • アベノミクス三本の矢を『松屋 すき家 吉野家』と解説したことで有名である。
  • 高畑充希主演『過保護のカホコ』をこよなく愛する。
  • 白い恋人よりも、夕張メロンが好きらしい。
  • 共通一次試験時代、二週間の勉強で生物Ⅰ・化学Ⅰで8割を超えたらしい。

ーー

Amazon