東大現代文/通期教材

Last-modified: Tue, 16 Jun 2020 18:14:59 JST (55d)
Top > 東大現代文 > 通期教材

監修講師 Edit

 

使用コース Edit

スーパー東大文系スーパー東大理系
3号館横浜校のみ)

構成 Edit

 

特徴 Edit

  • 正式名称は東大現代文ー読解と表現ー』
  • 多くの霜栄師監修テキストと同様のA5版(漢文サブテキストと同じ)。
  • テキストの構成も『現代文(国立大対策)』を踏襲したものである。
    • といっても内容は大差なく、3号館横浜校以外の校舎では東大コースであっても引き続き『現代文(国立大対策)』を使用する。
    • 校舎によって教材を変えるのはいかがなものか。
  • 各章にテーマがあり、例えば「越境する知-感性」や「蘇生する知-身体」などのタイトルがついている。
    • 東京大学出版会のシリーズ書籍『越境する知』各巻のタイトルと酷似している。
  • 各章には問題(約半数は東大の過去問)と、その文章に関連する参考文が掲載されている。参考文は思考を深めるための読み物として用いるもので、問題等は付されていない。
  • 2020年度より関西でも使用されることとなった。(こちらを参照されたい。)
    • 2019年度まで関西では中野芳樹師作成の良質なオリジナル教材が使用されていた関係もあって、今回の変更には反発の声も見られるようである。東西対立がより一層根深くなりそうである
    • いずれにせよ関東、関西共にどのような授業が展開されるか期待されるところである。
  • 演習コースではなぜか引き続き『現代文(東大対策)』が使用されている。

ーー

Amazon