東大古文/冬期講習

Last-modified: Tue, 28 Dec 2021 21:21:57 JST (904d)
Top > 東大古文 > 冬期講習

設置校舎 Edit

テキスト Edit

  • テキスト監修は松井誠師。
  • 東大型オリジナルの演習題が3題掲載されている。
    • 問題文の選定に際しては的中を狙っているようである。
  • テキスト(授業であつかう問題はほぼすべて東大の過去問)には問題3~5題(年度によって変わる)と助動詞活用表が掲載。
  • 2015年テキストには「和歌について」も掲載。

授業 Edit

  • 50分×6コマの2日間講座。
  • 一日目の3コマ目の前半25分でテスト演習が行われ、答案が添削してもらえる。ただし数週間後の返却で、授業担当講師の添削ではない。
  • 問題は一つ一つが非常に手ごたえのあるもので、予習の段階ではくじけるかもしれないが、丁寧な解説があるので心配はいらない。

担当講師 Edit

松井誠
お茶の水校横浜校を担当。

  • 現代語訳(逐語訳)を重視し、文法や単語の知識に基づいた授業を行う。
  • 設問においても、傍線部の現代語訳を核として解答を作成する。
  • センスに頼らない手法であり、とっつきやすいと思われる。

渡辺剛啓
お茶の水校を担当。

松本裕喜
お茶の水校を担当。

田畑千恵子
お茶の水校を担当。

ーー

Amazon